fbpx
【3ヶ月無料】新型コロナ対策応援キャンペーン >>

アメブロでいいねがあるのにアクセス数が少ない?徹底検証

この記事では「アメブロでいいねがあるのにアクセス数が少ない?徹底検証」という内容をお伝えしていきます。

アメブロでいいねされているのにも関わらずアクセス数が少ない場合があります。これはいいねが自動的なツールによるものが原因となり、アクセス数への反映は限定的だからです。

これについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にして見てください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

結論:ツール等のいいねはアクセス数としてカウントされない

アメブロでいいねが多いのにアクセス数が少ない場合には、いいねを自動化ツールを利用して行なっている影響かもしれません。

つまり、いいねをしてくれているユーザーはあなたの記事を読んでいいねをしてくれているのではなく、任意のキーワードやハッシュタグ検索などによって自動的に行われているということになります。

 

アメブロのアクセス解析では自動的なアクションを行なっているいいねやフォローなどはアクセス数にカウントされない傾向にあります。それは本来のユーザーの動きとは違う形でアクションを行いますので、アクセス解析には反映されないのです。

従って、いいねが増えているのにも関わらずアクセス数が伸びない場合には自動化ツール利用を疑った方がいいでしょう。また、これについてはフォローについても同様のことが言えます

 

いいねの自動化ツールとは?

アメブロでいいねの数が多いと非常に嬉しくなることも多いものですが、ユーザの中には内容をよく理解せずに自動化ツールを利用して行なっている場合もあるので注意が必要です。

この自動化ツールは実際にブログの内容を表示しなくてもいいねをチェックする仕組みとなっており、実際に閲覧した人がその内容を理解しているとは限りません。

 

あるいは自分自身で集客力を上げようとするために使っていると言う人もいるので、見た目には非常に人気があるものに見えますが実際にはあまり影響がないものとなっています。

このような仕組みを導入して数を増やしていると言う人もいますが、アメブロではこの数はアクセス数にはカウントされないため、あまり意味がないものとなっているのが特徴です。

効果あるのか?アメブロ集客で無料の自動化ツールをやめるべき理由

 

いいねの数は集客にはつなげることができない

いいねを数多く得ることができたからといって、これがブログの評価につながるものではありません。その理由はアメブロではその数を対外的に表示する仕組みを持っていないためです。

アメブロが対外的に表示しているのはそれぞれのブログのアクセス数であり、これをPV数の形でランキングしているため、そのランキングの上位になることによって集客を高めることができるようになります。

 

その他のブログでは実際に閲覧した人の評価を掲載しているケースもありますが、ここでは単純にPV数を基準にして表示していることから、その数を増やすことによって人気の度合いを表現することになります。

この点を意識してその数を増やすようにすることが効果的に集客をする方法となります。

 

アクセス数を上げる施策を行おう

アメブロで集客を行うためには、アクセスを上げるための施策を行うことが非常に重要なポイントです。

最終的には様々なアメブロランキングで上位に表示されることでその存在を多くの人に知ってもらえることになりますが、そのためには様々なところで自分のブログを宣伝することも必要となっています。

 

最近ではSNSなどで自分のブログやホームページなどを宣伝し、リンクを掲載すると言うケースも少なくありません。

また興味のある記事を継続的に掲載し、リピーターを増やすことも重要な施策となります。単純に内容だけでなくコンテンツのデザインにも注意をし、様々な方法を利用することによって注目度を集めることが、多くの人に閲覧してもらえるようなブログを作るための秘訣となっています。

【2021年版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

まとめ

アメブロでいいねがあるのにアクセス数が少ない?徹底検証についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

アメブロでいいねが増えているのにも関わらずアクセス数が伸びない場合には、そのいいねが自動的なツールで行われている可能性があります。ハッシュタグや任意のキーワードで自動的にいいねするツールがありますので、その影響かもしれません。