fbpx
累計17,000ブログが利用!お申し込みはこちらへ >>

アメブロの「代替テキスト」の基本を徹底解説

この記事ではアメブロの「代替テキスト」の基本を徹底解説していきます。

代替テキストを設定することによって画像が表示されない時に代わりに画像に関連のあるテキストを表示することが可能です。代替テキストを設定することによって様々なメリットを享受することができますので、具体的な設定方法や仕組みなどを参照のの上、設定することをおすすめします。

 

代替テキストとは?

アメブロにおける代替テキストは、画像の代わりに用いられるもので、端的にいえば画像が表示されない時に表示される文字や文章のことです。

例えば文字を画像形式で表示しようとする場合、回線が混雑するなどして遅れが生じれば、ユーザーは待たされることになります。また、代替テキストがないと見えない状態が続くので、痺れを切らしたユーザーがページを離脱する恐れがあります。

 

そういう事態を避ける意味でも、代替テキストの重要性は高く、アメブロでも機能が用意されていて広く活用が行われているわけです。

代替テキストがあれば、画像が表示されない状況でも内容を説明できるので、ユーザーに不便を感じさせることがなくなります。

 

設定した画像が表示されない原因

アメブロで画像を設定したのに表示されないとしたら、ユーザーが使用する回線が遅いか、アメブロ側の回線が混雑していて一時的に遅れている可能性考えられます。

その他にも、設定が間違っていることも考えられます。回線の問題はユーザー側だけでなく、アメブロ側にも問題が生じる可能性があります。

 

いずれにしても、画像を設定する際には正しく設定する必要がありますが、それでも表示されないことがありますので、万が一に備えて代替テキストを設定することが大切だと言えます。

文字や文章に画像を用いるのは、代替テキストを設定していれば様々な問題を回避することができるでしょう。また、画像はテキストよりも情報量が多くデータの容量が大きく、回線の速度が低下すると簡単に表示されなくなるので注意が必要です。

 

代替テキストはSEO効果もある

一般的に代替テキストはただ単に画像の代わりではなく、いわゆるSEO効果も持ち合わせます。検索エンジンがページの情報を収集するクローラーは、画像の内容だけでなく文字や文章を読み込んで解析します。

この時、代替テキストも読み込んで解析が行われますから、画像が表示されないケースを想定したページの評価が下ることになります。画像のみで構成されたページをイメージすると分かりますが、表示に問題があると何も見えない状態になってしまいます。

 

これはユーザーにとって不便となりますので、検索エンジンのクローラーはユーザーに対するページの配慮が不足していると判断します。

つまり、代替テキストを正しく設定することで、ユーザーに配慮したページという評価が得られるSEO対策に繋がるわけです。

 

代替テキストを設定することがおすすめ

ユーザーに配慮したブログを設計する場合には代替テキストは設定することがおすすめです。設定といっても難しいことは何もありませんし、一度やり方を覚えてしまえば次からは簡単に行えます。

大切なのは画像の内容を簡潔に説明することで、ユーザーがパッと見て一瞬で理解できるのが望ましいです。

 

代替テキストはその名の通り、画像の代替となる文字や文章ですから、端的に説明することが賢明です。全てを詳細に文字や文章で伝えるのは困難なので、要点を掻い摘んで短くまとめることをおすすめします。

画像の代替テキストは、アメブロなら簡単に設定できるようになっているので、初心者にも簡単な手順で行えます。内容を考える手間はありますが、画像を見て一文で説明をするように心掛ければ良いでしょう。

 

まとめ

アメブロの「代替テキスト」の基本を徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

代替テキストは万が一画像が表示されない時に代わりとしてテキストを表示してくれる機能です。これを設定していない場合、画像が非表示になるだけとなりますので、読者にとってわかりづらいものとなります。

そのため、画像に関連のあるテキストを設定することによって、画像が非表示になった時でも何の画像かを予測してもらうことができますので、良質なブログ設計といえます。