fbpx
累計17,000ブログが利用!お申し込みはこちらへ >>

アメブロの代替テキスト設定方法をご紹介

この記事ではアメブロの代替テキスト設定方法をご紹介していきます。

アメブロで代替テキストを設定することによって、画像が表示されない場合に代わりにテキストを表示させることが可能です。ブログ設計としては代替テキストを設定した方が様々なメリットを享受できますので、ぜひ取り組んでみることをおすすめします。

 

代替テキストとは?

代替テキストは何らかの理由で画像が表示されない時に、代わりとしてテキストを表示します。例えば回線のスピードが低下したり、混雑などで画像が上手く表示されない場合に役立ちます。

代替なので普段は表示されませんが、このように画像の表示に問題があるときだけ機能します。端的にいえば、画像の内容を簡単に説明する文字や文章となります。

 

代替テキストがあればユーザーを待たせたり混乱させずに済みますし、画像表示が遅れることによる離脱を防げます。

SEO的にも有効ですし、検索エンジンのクローラーはしっかりと評価して検索結果の順位に反映してくれます。だからこそ重要性が高く、アメブロにおいても設定すべきだと言えます。

 

設定方法:PCの最新版エディタを利用の場合

【代替テキスト設定方法】

  1. アメブロへログイン
  2. 「ブログを書く」にて投稿画面を開く
  3. 画像をアップロード
  4. 画像をクリック
  5. 代替テキスト(alt)欄にて設定
  6. 投稿して完了

 

PCの最新版エディタで代替テキストを設定するには、画面で画像をアップロードして貼りつけます。更に画面の上でクリックを行い、画像オプションを表示して設定に進みます。

オプション内にある代替テキストの入力欄に文字を入力することで、画像の代わりに表示される内容の設定の完了です。

 

手順はシンプルで僅か数ステップですから、一度覚えてしまえば簡単に設定を行うことが可能です。操作の大部分はPC画面のエディタで完結するので、面倒な手間はなく簡単です。

上記のように順番を確認すると非常にシンプルで、ユーザーの利便性が考えられている設定方法だと分かります。

 

設定方法:HTMLを編集して設定する方法

HTMLを編集することで代替テキストの設定が行えるようになっています。こちらも画像をアップロードしたり貼りつける方法と同様に、シンプルかつスピーディーです。

HTMLを編集して代替テキストを設定するには、エディタ画面の下にあるHTML表示タブを選択します。これでHTMLを直接的に操作できるようになるので、後は画像タグの代替テキスト属性に手を加えるのみです。

 

画像タグの代替テキスト属性は「alt」になりますので、タグの追加と代替テキストを追加すれば変更が完了します。

PCであれば直接HTMLに手を加えられますし、iOSやAndroidでもアプリのエディタで代替テキストの設定が行なえます。なお、エディタの方が楽に編集ができますので、HTMLを直接編集するより簡単に行うことが可能です。

 

代替テキストは必ず設定することがおすすめ

代替テキストの設定は任意ですが、推奨されるのは必ず設定することです。その理由には、画像が表示されない時にページに何も表れなくなったり、表示が遅れてユーザーを待たせることになる点が挙げられます。

結果的にユーザーがの離脱率が上昇しますので、画像の代わりとなる代替テキストの設定は必須項目と言えます。

 

いずれにしても、代替テキストを設定する手間は小さいですし、手間に対して得られるメリットの方が大きいと言えます。既にアップロード済みの画像も代替テキストの編集は容易で、HTMLを直接編集することも可能です。

つまり、アップロード前後のいずれでも設定しようと思えば簡単に行えますので、ひと手間掛けて代替テキストを設定することをおすすめします。

 

まとめ

アメブロの代替テキスト設定方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

代替テキストを設定することによって万が一画像が表示されない時に代わりにテキストを表示させることができます。設定方法はとても簡単ですので、ぜひ実践してみることをおすすめします。