fbpx
20%キャッシュバックキャンペーン開催中! >>

即売れ!REQUの商品画像の魅せ方【厳選3つ】

この記事では即売れ!REQUの商品画像の魅せ方【厳選3つ】についてご紹介していきます。

REQUはスキルシェアリングですが、画像を工夫することで購入率を上げることができます。最も効果的な方法ですが、やり方はとても簡単にできますので、REQUで収益化していきたい場合にはぜひ取り入れてみることおすすめします。

 

販売者の人物や専門性のわかる画像

1つ目にREQUで売れる商品ページを作る時におすすめの方法としては、販売者の人物像や専門性がすぐに理解できるような画像を載せておくことです。

例えば、ヨガによるダイエット法をレクチャーするのであれば、ヨガポーズをとっている自分自身の写真を載せることができます。

 

その他にも、実際に出品するスキルに関係のあることを行っている写真が有効なので、絵を描いているところや講演会を行っているところ、メイクやヘアアレンジを行っているところなどの写真を用意してみると良いでしょう。

REQUを利用してスキルを購入する人には、信頼できる出品者から購入することを希望する人が多いと言えます。出品者本人や専門性がハッキリと表現されている画像であれば、見た人に信頼してもらいやすくなるでしょう。

 

利用シーンや体験ストーリーがわかる画像

2つ目に実際の利用シーンや体験ストーリーがわかるような画像も効果的です。

イラストを販売している場合、自分の作品を掲載しても良いですが、そのイラストをどのようなことに使えるのか伝えるような写真を選ぶことができます。例えば、似顔絵を描いている場合、実際に結婚式場に似顔絵が飾られている様子を掲載することが可能です。

 

ダイエットに関する出品を行う場合、ビフォーアフター写真を掲載することがおすすめだと言えます。

あなたのスキルを購入すれば同じような体験ができるかもしれないと思ってもらえるため、ユーザーの購買意欲を高めることができます。売りたいスキルの利用シーンや得られるものを整理し、それらが表現できるような画像を用意すると良いでしょう。

 

商品の特徴にフォーカスした画像

3つ目に、商品の特徴にフォーカスした写真を選ぶこともおすすめです。出品の際に自分自身の写真を載せることに抵抗がある時や体験ストーリーなどを表現することが難しいと感じられる場合に活用できます。

例えば、紅茶の美味しい淹れ方を伝えたいのであれば、紅茶の入ったティーポットや茶葉の写真を載せることができます。

 

テーブルマナーをレクチャーしたい場合は、並んだ食器やカトラリーの写真を掲載することが可能です。商品の特徴をあらわした画像であれば、比較的簡単に用意しやすいと感じられるでしょう。

無形商品形の場合には画像の用意が難しいと思うかもしれませんが、商品の特徴を考えれば画像を用意できると覚えておくと良いです。

 

非推奨な画像

REQUの出品画像を用意するときに、商品と関連性がないものを掲載することは控えることが賢明です。

また、無形商品を販売するときには取り敢えず自分が好きな写真を載せておこうと思うかもしれませんが、関連性がないとユーザーの心を惹きつけることができません。

 

売れやすくなる商品画像に当てはまるものでも、解像度が低いものもやフリー素材やフリー素材に文字だけ入れた写真などは見栄えが悪いと商品の質まで悪いのではないかと思わせてしまうので非推奨です。

誰でも利用できるフリー素材であることが分かると、独自性がないと思われる可能性が高いと言えます。オリジナリティを出したり信頼性を高めたりするためにも、推奨画像を作成して投稿することがおすすめです。

 

まとめ

即売れ!REQUの商品画像の魅せ方【厳選3つ】についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

REQUで収益化するために画像を工夫することで、効率的に販売していくことが可能となります。推奨画像を積極的lに取り入れてみることをおすすめします。