fbpx
20%キャッシュバックキャンペーン開催中! >>

【初心者必見】REQUで商品を効率的に売るための3つの施策

この記事では【初心者必見】REQUで商品を効率的に売るための3つの施策についてお伝えしていきます。

REQUで効率的に商品を販売していくために3つの施策を行うことで初心者でも売上を増やしていくことが可能です。具体的には商品ページへの記載方法やストーリー性のある販売方法、実績の紹介などを踏まえた上で販売するということです。詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

商品ページに経歴などを記載する

REQUで商品を効率的に売るには自分をアピールすることが大切です。その理由としては、同じジャンルの販売者間で競争がありますので、他の販売者と差別化するために経歴を記載することでユーザーからの購入率を上げることが可能です。

販売するにあたり資格に基づいた経歴があると、購入者は安心して利用することができるのです。よく売れている販売者を見ると、このような資格や経験を記載している方が多い印象です。

 

例えば、パーソナルトレーニングの場合は、ヨガピラティス指導者や健康運動管理士などの経歴が記載されています。

商品の見せ方も大切なことですが、購入者の判断を促すには、経歴が最後のひと押しになることもあります。もし、明記する資格がない場合には得意なスキルや知識などを記載しておくと印象が良くなります。

 

自分の販売ストーリーを記載する(自分語り)

多種多様なカテゴリーのなかで、購入者の興味を引くにはストーリーも大切な販売施策となります。なかでもスピリチュアルやイラストなどの分野は、よりストーリーを充実させると良いでしょう。

購入者の好みによって判断されるジャンルなので、自分語りで世界観を伝えることが効率的に売れる施策です。

 

例えば、イラストを販売するのであれば、得意分野や線のタッチ、雰囲気など世界観を伝えましょう。占いやスピリチュアル系の場合には独自の世界観を記載しておくと良いでしょう。

また、判断基準になる商品サンプルをアップしておくと購入率を上げることが可能です。その際、注意事項などの補足も忘れずに記しておくとトラブルを回避できます。

 

実績を記載する

ユーザーが購入してくれる要素のひとつとして、販売者側の実績があります。実績がある場合には商品を効率的に販売していくことが可能です。一方で、魅力的な商品であっても実績がない場合には、購入に繋げることが難しい場合があります。

実績とは過去の販売数や購入者が得た利益などが挙げられます。実績として用いられるものは販売数や売上高、累計利用者数などです。その他にも、購入者のビフォーアフターなどを掲載すると実績に繋がります。

 

レビューや口コミによる実績

実績の裏付けには、口コミも重要になります。購入者のレビューは星の数で評価されています。

実際に購入したひとの生の声がリアルに反映されていますので、実績は購入者数だけに限らず、口コミもあわせての判断になります。リピーターにも繋がるので力を注ぎたいところです。

 

その他、REQUでは販売者の実績をチェックすることが可能なので実績もすぐにわかります。

販売者のプロフィール部分に何人が購入したのか記載されていますし、お気に入りのマークもありますので、この辺りも合わせて実績として評価されるでしょう。

 

実績やレビューがない場合の対応策

始めたばかりのころは実績やレビューがない場合がほとんどです。この場合には、通常の料金より安く販売することで実績やレビュー獲得に繋げることが可能です。

また、「レビューの投稿で○○%オフ」という施策を利用すれば、効率的に実績やレビューを獲得することができます。最初のうちはこのようにして値下げや割引を活用してレビュー獲得に繋げることが売上最大化に繋がります。

 

商品ページの工夫で効率的な販売が可能

REQUでは数多くのクリエイターが存在し、その道のプロや趣味を活かしたものなど販売カテゴリーもさまざまです。ランキング上位に上がっている販売者には共通点があります。

それは商品ページを充実させて、わかりやすく作成していることです。文章だけでも伝わりますが、画像などの記載があると目に留まりやすいです。

 

例えば、家計判断をおこなっている販売者のケースでは、サンプルとして家計簿や家計診断の結果を載せています。どのような商品の形となるのか、目に見えて判断できるのは購入者の決め手に繋がります。

スキルを販売するREQUだからこそ、効率的に商品を売るには自己アピールが大切です。商品の顔となるページを今一度見直してみるのも良いでしょう。

 

まとめ

【初心者必見】REQUで商品を効率的に売るための3つの施策についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

商品ページへの記載方法やストーリー性のある販売方法、実績などを合わせて記載することで効率的に販売していくことが可能となります。

これからREQUで販売を開始したい方や売上に伸び悩んでいる方はぜひ取り組んでみることをおすすめします。