fbpx
20%キャッシュバックキャンペーン開催中! >>

REQUのオーダーメイド販売手順【4ステップ】

この記事ではREQUのオーダーメイド販売手順【4ステップ】についてご紹介していきます。

REQUのオーダーメイド商品は様々な価格帯で販売していくことが可能です。販売方法としては購入者に合わせて柔軟にサービス提供することができますので、多岐に渡るカテゴリの商品を販売していくことができます。ここでは具体的な販売手順として4ステップを解説していきます。

 

1ステップ:オーダーメイドで出品する

REQUのオーダーメイド出品を利用するのであれば、まずは出品作業を行います。トップページ右下にある出品ボタンを選び、最初にカテゴリとサブカテゴリを選んでください。

提供方法項目で「サービス・オーダーメイドを提供」を選ぶと、オーダーメイド販売を行うためのページが作成できるようになります。商品名やカバー画像、販売価格や受け取り形式、提供までの日数などを入力しましょう。

 

商品説明部分には商品の内容だけではなく、その商品がおすすめな人を書いたり自分の紹介を書いたりすることが可能です。保存を行って「販売を開始」を選べば出品作業が完了します。

出品作業が終わったのであれば、商品が売れるのを待つだけとなります。その間、アメブロなどで積極的にPRしていくと効率的に販売していくことができるでしょう。

 

2ステップ:取引メッセージでやりとり

オーダーメイド出品したものが売れたあとには、取引メッセージにて購入者とやり取りを行います。自由に話すことができますが、基本的には購入者の要望や希望を聞いたり、提供サービスと申込み内容に相違がないか確認したりする作業を行うことになります。

ここでしっかりと話し合っておかなければ、商品提供後にトラブルになってしまう可能性があるので注意が必要です。お互いに気になるところはきちんと確認しておく必要があります。

 

相手からの要望にハッキリしない部分があるときにも、再度質問を行って内容を明確にしておくことが重要です。

双方が納得できるまで話し合っておくことが大事だと言えるでしょう。取引メッセージにてヒアリングや確認が終わったのであれば、販売者は申込みの承認作業を行います。

 

3ステップ:商品を提供する

申込みを承認した後には購入者が決済を行うことになり、決済が終了した後に商品の提供を行います。商品の提供方法は販売する内容によって違いますが、事前に決めておいた内容となるように注意しておくことが大事です。

商品の内容が話しておいた内容と違ってしまわないようにすることも重要ですし、設定しておいた期限までに納品することも大切だと言えます。

 

やり取りが終わってから何かを制作するケースも多いので、商品を提供する期限を過ぎてしまうことがないように気をつけておきましょう。正しく商品を提供することができなければ、低評価の原因となります。

他のユーザーからも信頼できないと思われてしまうようになるため、正確に提供できるように心がけておくことが重要です。

 

4ステップ:取引を完了する

商品の提供が完了したあとには取引終了することができます。REQUのページ上で「取引を完了」ボタンをタップして、提供完了の報告を行います。

購入者側でも、商品を受け取った後には受け取り済みの操作を行っており、双方が完了操作を行うと終了となります。

 

取引終了ボタンを押しておかないと取引を終了させることができないので、商品の提供が終われば速やかに実施することが賢明です。

購入者に商品を届けることができたことに安心して、この作業を忘れてしまうケースもあります。最後の最後で失敗してしまうことがないように、取引完了操作まで確実に行う必要があると覚えておくことが大切です。

 

まとめ

REQUのオーダーメイド販売手順【4ステップ】についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

オーダーメイド商品は購入を受けてから購入者とやりとりを行いサービス提供を実施します。通常とは販売手順が異なりますので、理解した上で出品することが賢明です。

なお、有料記事販売より高額の価格設定が可能ですので、ぜひ実践してみることをおすすめします。