fbpx
20%キャッシュバックキャンペーン開催中! >>

【4つのコツ】REQUで売れるタイトルの付け方を徹底解説

この記事ではREQUで売れるタイトルの付け方を4つに分けて徹底解説していきます。

REQUで商品販売する際にタイトルの付け方を工夫することで売上を伸ばしていくことが可能です。具体的にはお得感を出す方法や使いやすさの強調、具体性を入れること、数字を入れることなど様々な施策をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お買い得感をだす

REQUで販売する商品のタイトルを付けるときに、1つ目のタイトルの付け方として「お買い得感をだす」ことが挙げられます。

通常価格よりも割引した状態で販売している場合、「2割引」「20%オフ」などのキーワードを入れてみることがおすすめです。「特価」や「お値打ち」のようなお得感が感じられる言葉をタイトルに入れておくことも、購入者の購買意欲を高めやすくなります。

 

ただし、注意しておかなければならないのは虚偽や誇張な情報を書かないことです。本当は割引をしていないのに「30%オフ」などと書いてしまえば、ユーザーが離れてしまう可能性があります。

誇張情報などを記載している場合は出品そのものだけでなくアカウント削除の可能性もあるので、事実の範囲内でお得感をだすことが大切です。

 

使いやすさを強調

2つ目の方法として、使いやすさを強調したタイトルが挙げられます。「実用的」や「便利」といった言葉は購入者を惹きつけやすいキーワードなので、組み込めることをおすすめします。

実際にどのようなものに役立つのかということまで入れることができれば、より購買意欲を高めやすくなります。

 

お金に関するアドバイスを行っている場合、「家計見直しに最適」と「投資に最適」では全く違う内容になるはずです。何に役立つのかという部分までハッキリ説明することができれば、購入者から興味を持ってもらいやすくなります。

ハンドメイドアクセサリーやイラストなどは、「結婚式にも使える」「SNSアイコンに使える」などの書き方で使いやすさを強調することができるでしょう。

 

具体性を入れる

3つ目に具体性を入れたタイトルにすることが挙げられます。購入者が得られるものが明確であるほど、利用してみたいという気持ちが高まります。

恋愛相談に乗る場合には、「恋愛相談にのります」と書くよりも「アラサー婚活女性が90日以内に出会いを見つけるためのアドバイスをします」のほうが具体的です。

 

ターゲットが絞られてしまうと購入者が減るのではないかと思うかもしれませんが、自分にマッチしていると思わせることが販売成功に繋がります。

誰が何をするための商品なのかタイトルで明らかにすることができれば、自分に合っていると感じた購入者から申し込みを受けられる可能性が高まるでしょう。幅広い人に興味を持ってもらおうとせず、対象を絞るやり方を取り入れてみることをおすすめします。

 

数字を入れる

4つ目に数字をタイトルに入れることが挙げられます。「1日で終わる整理術」「2週間でボディラインを整えるエクササイズ」など、数字を組み込むことが大切だと言えます。

アドバイスを行う場合は「5つのポイント」のように、どのくらいの情報を与えるか数値で示してみることもおすすめです。

 

人間は具体的なものを信頼しやすい傾向があります。同じ内容であったとしても数値が用いられていることによって、「こちらの方がたくさんの情報が得られそうだ」「効果的な情報が得られそうだ」という考えを持ちやすいです。

こちらも虚偽の内容を記載してはいけないので、その点は注意が必要だと言えます。本当のことを数字を使って説明することで説得力がアップすることを理解しておくことが賢明です。

 

まとめ

REQUで売れるタイトルの付け方を徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

タイトルの付け方を工夫することで売上を効率的に増やすことが可能です。様々な施策がありますので、商品に合わせてつけてみることをおすすめします。