fbpx
【最大77,700円還元】年末キャンペーン開催中! >>

REQUのオーダーメイド出品方法を徹底解説

この記事ではREQUのオーダーメイド出品方法を徹底解説していきます。

REQUの中のオーダーメイド出品は様々な形でサービス提供することが可能です。価格帯の有料記事販売より高額の設定が可能となっています。ここでは具体的にオーダーメイドの出品方法をご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

 

オーダーメイド出品とは?

REQUではオーダーメイド出品を行うことができます。これは購入者に合わせた商品を提供するためのシステムです。

スキルを販売する際に全てこちらから条件を提示するのではなく、相手の都合や希望を踏まえた上で商品を提供できるようになります。

 

例えば、購入者から相談を受けた上で内容に応じたアドバイス書を作成したり、購入者からモチーフや色を指定してもらった上でイラストを描いて販売したりすることが可能です。

レッスンの場合は内容だけ提示しておき、相手の都合の良い日程や場所を指定してもらうこともできます。買い手の希望や都合に合わせられるようになるので、購入者が求めているサービスを提供することができる仕組みとなっています。

 

出品方法

【オーダーメイド商品出品方法】

  1. トップページ右下の「出品」をクリック
  2. 「カテゴリ」と「サブカテゴリ」を選択
  3. 「サービス・オーダーメイドを提供」を選択
  4. 「次へ」をクリック
  5. 商品のカバー画像、商品名、販売価格、提供形式、提供日数等を入力
    ※商品カバー画像はテンプレートも用意されています
  6. 商品説明を入力
    ※商品の内容や自己紹介、商品購入におすすめな方の紹介など
    ※商品画像サンプルも挿入が可能
  7. その他の項目を入力
    ※備考・注意事項を記載
  8. 初回メッセージを入力
    ※購入者に対してのメッセージを記載します。その他、希望のプランや日時等をヒアリングすることに利用します。
  9. 「販売を開始」をクリックすると販売開始されます

 

オーダーメイド出品を行う場合、トップページ右下の「出品」をクリックします。

 

次にカテゴリ・サブカテゴリを選択します。

 

その後に提供方法を選ぶことができるので、「サービス・オーダーメイドを提供」を選択し、商品の詳細を記入していきましょう。

 

次にカバー画像や商品名、販売価格、受け取り形式や提供日数などを入力していきます。

商品説明部分ではどのようなサービスを提供するのか、どのような方におすすめなのか説明したり、自己紹介や実績を書いておくこともできます。

 

入力が終了すれば保存を行い、「販売を開始」ボタンを押せば出品することが可能です。

商品が売れたらメッセージでやり取りを行い、商品を提供するという流れになっています。出品方法は簡単なので、初めての人でも挑戦しやすいと言えるでしょう。

 

売れやすい価格帯

REQUでオーダーメイド出品を行うのであれば、売れやすい価格帯を理解しておくことが賢明です。

オーダーメイドの場合は300円から250,000円の範囲で販売金額を設定することが可能ですが、販売するサービスの相場価格を知った上で設定することが大切です。安ければ買ってもらえると思うかもしれませんが、安すぎると信頼できないと思われてしまう可能性があります。

 

似たような出品物を探し、どのくらいの価格で販売されているかチェックしてみると良いでしょう。一概に何円に設定すれば売れるという価格はありませんので、販売した商品の相場価格を基準として考えることをおすすめします。

実績があまりない場合は相場よりも少々安めにするなどの工夫を取り入れると、売れる可能性を高めることができるでしょう。

 

出品できない禁止商品とは?

オーダーメイド出品を行う前には、出品できない禁止商品に該当していないかどうかチェックしておく必要があります。

REQUでは様々なスキルを販売することができますが、法律で禁止されているような製品やそれに関わる製造などに関連するスキルは売ることができません。

 

また、霊感やマインドコントロールなどを行うことで心身に影響を与えるサービスも販売が禁止されています。さらに、商品そのものが禁止物でない場合でも、優良誤認となるような販売はNGとなっています。

断定的な表現などによって購入者に損害や誤解を与える可能性がある場合は、規約違反と判断されるので注意が必要だと言えます。具体的な禁止商品は公式ホームページから確認できるので、出品前に該当しないか丁寧に確認しておくと安心です。

 

まとめ

REQUのオーダーメイド出品方法を徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

REQUの中で高額の商品販売や購入者とやり取りしながらサービス提供していきたい場合にはオーダーメイド商品での販売が適しています。出品方法も有料記事販売と同じような形となっていますので、ぜひ取り組んでみることをおすすめします。