アメブロで集客できる記事の書き方を4つご紹介

この記事ではアメブロで集客できる記事の書き方を4つご紹介していきます。

アメブロ記事の書き方で悩んでいるという人はこの4つを実践して書いてみることをおすすめします。集客できる基本的な記事の書き方となりますので、ぜひマスターして見てください。

それではさっそく解説していきます。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

読者に知りたい内容を情報発信

アメブロで集客する為に必要なのは読者が知りたいと思う内容を意識して情報発信することです。

全ての人に向けて情報発信を行うと一貫性がなくなってしまうので、テーマを絞って書くのが良いでしょう。テーマを絞ることで対象となる読者は限られますが、その分特定の層に対する情報発信力が高まります。

 

もちろん、読者が何を知りたがっているかはリサーチの余地があり、事前にニーズの高い情報を調べておくことが大切です。

日記や個人的な意見などは元々注目を集める芸能人や有名人でないと、注目を集めにくく集客力が発揮されないので注意です。

【2020年版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

情報の出し惜しみをせず知っていることを全て書こう

情報は出し惜しみをしないで知っていることを全て書くつもりで発信することが大切です。小出しや次の投稿に引っ張る形で出し惜しみをすると読者は呆れたり興味を失って離れてしまいます。

これは集客の目的と相反するものですから出し惜しみはしないように気をつけましょう。

 

投稿1つあたりの情報量や質が優れていると読者は自然に次も気になるものです。やがて固定ファンになりますし、他のファンを呼び込むきっかけにもなるので、情報は持っているものを全部投入していくことが大切です。

わからないことや不足している情報については新たに調べたり学ぶなどして補っていくのがベストでしょう。ユーザーが読み終えた後に満足の読了感が得られることを意識して記事を書くことをおすすめします。

 

小学生でもわかる文章で書こう

記事の執筆は熱中するとついつい知識を披露したくなりますが表現の幅を広げる為に難しい言葉を使いがちです。

しかし読者の知識はあなた自身より少ないことがほとんどです。従って、ユーザーが難しい言葉を理解できるとは限らないのです。言葉選びは平易さを心掛け、ストレートに頭に入るように一文を構成するのがコツです。

 

小学生をイメージしてみてください。単語は子供でも知っている言葉を選び、表現はよりシンプルにするのが理想的です。

ただし、使う単語が限られると単調に見えるので、小学生がわかる文章といっても表現力は損ねないようにしたいものです。「子供にどう言えば伝わるか」そういう心構えで文章作成に臨むと、集客力の高い記事が仕上げられます。

アメブロ集客できるライティング5原則を解説

 

難しい仕組みは「例え」を使うとべき

難しい仕組みを説明する時は「例え」を使って想像しやすいように工夫しましょう。例えは理解を助けるもので、記事執筆の基本的な手法です。

例えが的外れだと理解を妨げますが、良い例えは複雑な内容もすんなりと理解できるようになります。読者に理解力をあてにして一方的に文章を組み立てると、読者の中から理解を諦める人が出てきてしまいます。

それは内容が難しければ難しいほど脱落する読者が増えることを意味します。例えとはいわば、この脱落を防ぐ為に役立つセーフティで広範囲をカバーする例えほどより多くの人に役立ちます。

理解に必要な努力を読者に変わって執筆者が引き受けますから、記事を書く側にとって負担は大きいですが、集客力を高めるには不可欠です。

 

まとめ

アメブロで集客できる記事の書き方を4つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

この基本的な4つのことを理解し実践していけば、より多くの人を集客することが可能です。アメブロからの集客で悩んでいる人はぜひ実践して見てください。このやり方で多くの人が集客に成功しています。