アメブロの「内部リンク」を徹底解説

この記事ではアメブロの「内部リンク」を徹底解説していきます。

内部リンクとは自分のブログ内に貼られたリンクのことを指し、これを活用することでアクセス数を増やすことができます。さらに、様々な記事をユーザーへ見せることができますので、商品販売している場合にはコンバージョンを高める効果もあります。

内部リンクはブログ構成の基本要素となりますので実践してみることをおすすめします。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

内部リンクとは?

内部リンクは自社サイト内のページ同士のリンクのことで、外部サイトを介さないものを指します。このページ同士の結びつきは実はSEOに関係していて、関係性を明確にすることに重要性があるといえます。

(※ただし、アメブロの集客法では主にアメブロランキング経由からの方が多いですので、ここではユーザーに的確な情報を提供するという意味で効果を発揮するということをお伝えします。)

 

正しい階層構造の明示により、検索エンジンのいわゆるインデックスが構築しやすくなるので、手を抜かずに設置していくことが大切です。内部リンクが正確に行われると、サイトが階層ごとに辿りやすくなったり、サイトの構造が検索エンジンに伝えられるようになります。

重要なページを知らせる意味もあるので、軽視できないものだといえるでしょう。サイトの情報を収集する検索エンジンのクローラーはリンクされていないページの巡回が難しいので、内部リンクを貼ることはサイトが正しく評価される為にも不可欠です。

【2020年版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

内部リンクを貼るメリット

本質的なものをお伝えすると、内部リンクを貼ることで得られるメリットとしては検索エンジンのクローラーが巡回しやすくなることで、インデックスの構築が早くなる点が挙げられます。

また、サイト構造が正確に伝えられるので、SEOの評価が高まることにも繋がります。内部リンクによるページ同士の結びつきは関連性の評価を高めることになりますから、少しでも高く評価される為にリンクは忘れずに貼りましょう。

 

さらに、サイト全体の評価を押し上げることになるので、内部リンクを貼ることをおすすめします。

PV数のアップに期待できたり、PVが増えれば収益に結びつくチャンスも増加しますから、内部リンクの重要性は軽視できないものです。勿論、ただ単に貼れば良いというものではなく、最適化を念頭に置きながら設置していくことが肝心です。

 

ユーザーに分かりやすいブログが作れる

上記のメリットについては内部リンクの本質的なお話です。アメブロの場合、ほとんどのユーザーがアメブロランキング経由で訪問しますので、Google向けのSEOはほとんど不要と言えます。

内部リンクを貼るメリットは「ユーザーに的確なコンテンツを提供できる」という点です。

 

多くの記事を書くことによって、ユーザーに見せたい記事は埋もれてしまう場合もあるでしょう。その時には内部リンクを貼り、見せたい記事へ飛ばすことによってユーザーに価値ある情報を提供することが可能となります。

このように、アメブロの場合にはユーザーに見やすいブログにするために内部リンクは必須と言えます。

 

アメブロの内部リンクの貼り方

アメブロで内部リンクを貼るには以下の順番で行えます。

<アメブロ内部リンクの貼り方>

  1. ページの編集で該当の項目を選択
  2. テキスト挿入にチェックを入れる
  3. 希望のテキストを入力
  4. リンク先のページを開いてURLのコピーを行う
  5. 編集画面に戻りURLを貼り付ける
  6. 挿入ボタンを押す
  7. 設置完了

 

編集を終えたら、テキストとページのURLに間違いがないことを確認しましょう。アメブロでは新機能としてリンクカードと呼ばれる機能が追加されたので、こちらの方法でも貼ることができます。

リンクカードはテキストと同じくボタンを押して作成に進みますが、テキスト挿入のチェックを外し、URLを入力してリンク挿入ボタンを押すだけと簡単です。どちらも基本的な手順は共通しているので、一度試しに設置を行えば簡単に覚えられるはずです。

アメブロ新機能「リンクカード」を徹底解説

 

ブログ内の回遊率を上げることで成果に繋がる

アメブロで内部リンクを貼るとブログ内の回遊率が上がって成果により繋がりやすくなります。回遊率とはユーザーがサイト内を見て回る指標のことで、1訪問あたりのページビューを1PVと表します。

回遊率の上昇はSEO評価にも響いてきますが、内部リンクで回遊率を上げることができれば、サイト全体の価値が上がって好循環が生まれます。

 

確かに内部リンクを貼る作業は手間ですし、ページが増えればそれだけ作業量も増加しますが、この手間が成果に結びつくので無視できないです。

高い回遊率は、ユーザーが複数のページに興味を持っていたり、長く留まり閲覧したことを意味するので、SEO評価が上がるのは必然です。SEO対策の効果が現れれば、検索順位が上がり更にユーザーを呼び込みやすくなりますから、内部リンクは後回しにせず貼ることをおすすめします。

 

まとめ

アメブロの「内部リンク」を徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

アメブロの場合には内部リンクはGoogleへの評価を上げるのではなく、ユーザーに提供したい情報を明確にすることで価値を付与できます。

この点においてもアメブロの内部リンクは必須と言えますので、ぜひ実践してみることをおすすめします。