fbpx
【10月キャンペーン開催中!】詳細はこちらへ >>

アメブロの「タグ」とは?徹底解説

この記事ではアメブロの「タグ」とは?徹底解説していきます。

アメブロで使われているタグを理解することで、効率的に読者に情報を届けることができます。また、ハッシュタグランキングにランクインすることによって、継続的な新規顧客を獲得していくことができますので、マーケティング施策としても有効です。

それではさっそくアメブロのタグについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アメブロハッシュタグの特徴

人気ブログサイトのアメブロは既に多くの有名人から一般の方まで普及しています。アメブロは非常に豊富なカテゴリ、ジャンル設定を設けており、最初は自分がどのようなジャンルに入るのかを確認すると上手くマッチングします。

ハッシュタグが2種類あることも特徴になり、各ジャンルごとにアメブロ側で用意している公式のハッシュタグがあり、積極的にタグを付けることで読む人の数を増やせる可能性が高まります。

 

次に個別に自由に作るハッシュタグもあり、任意のキーワードの先頭に「#」を入れる方法で少しでも多くの方が検索をするようなキーワードを盛り込むことにより、該当キーワードを検索した方を集めることが可能です。

結果的に公式でも独自でも、タイムリーな話題や、特定分野で検索されやすいようなハッシュタグを使い分けることができるという特徴は非常に便利です。

 

ハッシュタグのランキングがある

アメブロを始めたものの、一向にブログを見てくれる人数が増えないという場合は、淡々とブログを書いていく方法では限界を感じることは良くあることです。

最初の段階では少数の読者になることは当然なので、継続してブログを書き込んでいく中で、自然と読者数が増える可能性は否定できません。ブログのジャンルや内容、文章能力により違いは出てきますが、可能な限り早く読者数を増やすには、やはりハッシュタグの存在は大きいと判断できます。

 

アメブロの場合、公式タグだけではなく、任意のハッシュタフでもランキング制度を設けているという特徴があります。

わざわざランキングを設けていることについては、一般の方でも上位にランキングされることで、読者が急増した結果、広告収入を得られるようになるというメリットがあり、書き手のモチベーションアップにも貢献しているシステムです。

 

読んでほしい人向けにタグを付けることが可能

アメブロのハッシュタグは基本的にNGワードではない限り自由に書き手が文章内に入れることができる機能性があるので、効果的に使うことで読者数を増やすことは十分に可能です。

ところがブログ内容とハッシュタグがマッチしていない場合は、逆効果につながってしまう可能性も出てしまうので、ハッシュタグを使う場合は、必ず本人が書いている文章内容に合わせることと、登録しているジャンルに沿ったハッシュタグを入れる必要性があります。

 

万人向けにブログを発信している方も少なくはありませんが、特定のジャンルの文章を書いている方の事例では、読んでほしい人に合わせてタグ内容を選ぶことも重要なポイントです。

まずは読んでもらわないことにはステップアップも不可能なので、特に初期の段階では、自らの得意とする記事を書き続け、読み手のことを考慮したタグを付けられることはアメブロを利用する上ではメリットです。

 

読者側からすると「読みたいタグで検索」ができる

アメブロを書き手として利用をしている方の中には、日々起きた出来事や自分なりの考え方を発信したり、ハウツーものでは便利な情報を多くの方々に提供できることを好んでいる方が多い傾向にあります。

ところが、読者数が一向に増える気配がなく、途中で止めてしまった方も多いのではないでしょうか。この問題においては、ハッシュタグを効果的に活用すると一定期間後には人気ブログに成長する可能性が高まります。

 

ハッシュタグは書き手にメリットがあるだけではなく、読者の方にもメリットがあり、読者側の立場になると、その時に必要な情報をハッシュタグで検索をする方が非常に多いので、読み手にも便利な機能と判断できます。

タグによる検索機能はアメブロは特に優れているので、自己判断で決めるものですが、常に読者側が見つけやすいようにタグを入れると検索上位にヒットさせることも可能です。

 

まとめ

アメブロの「タグ」とは?徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

ハッシュタグを活用することによって、届けたいユーザーに情報を届けることが可能です。現在、SNSの発展により、Googleの検索エンジンのようにタグ検索で検索するユーザーが増えつつあります。そのため、アメブロにおいてもタグを設定することで効率的なマーケティング施策として活用していくことができるようになります。