fbpx
【3ヶ月無料】新型コロナ対策応援キャンペーン >>

アメブロでマーケティング施策が効果がない7選

この記事ではアメブロでマーケティング施策が効果がない7選と効果的な集客施策の方法をご紹介していきます。実店舗を持つ事業主やネットショップで物品を売っている方は集客施策が非常に大切になってきます。

効果のない集客施策を行なってもいつまでも期待した集客数を得るのは難しいため、効果のある施策に変更することが賢明です。ここでは具体的な効果の有無を検証し解説していますので、ぜひ参考にして見てください。

それではさっそく解説していきます。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

マーケティング施策で効果がない7選

効果がない7つは以下となります。

  1. 日記のようなブログを書くということ
  2. いいね回りをすること
  3. 読者登録をすること
  4. 人気ブログランキングに参加すること
  5. アメブロランキングに参加していない
  6. 文字量だけ多い記事を作成すること
  7. 親近感がないブログ

では、さっそくこの7つについて詳しくお伝えしていきます。

 

日記のようなブログを書くということ

アメブロで情報発信する際には価値ある情報を提供することが大切です。日記のような記事投稿をしても集客やコンバージョンへ結びつけることは難しくなります。

日記のような記事投稿でも需要がある場合は発信している人自身が芸能人やモデルなど有名な場合です。この場合には例外として、日記記事のようなものでもマーケティング的にはプラスに働きます。

 

しかし、一般の人がアメブロ集客で日記のようなブログを書いても集客に繋がるは難しいでしょう。たしかに、日記のようなブログは毎日書くことで頻度の高いブログだと思われますが、実際には集客に直結するというわけではありません。

 

ネット上の情報では

  • 1日3回投稿しましょう!
  • 更新の頻度が集客につながる!

と記載されているところもありますが、これは間違っていると言えます。

1日3回ブログを書いて1週間に27記事に投稿するより、1週間に1度でも読者に役に立つ「価値あるコンテンツ」を投稿した方が集客に繋げることが可能です。

アメブロ集客できるライティング5原則を解説

 

いいね回りをすること

アメブロには記事に対していいねする機能がありますが、これをやっても集客には繋がりません。

いいねを自動化するようなツールも出回っていますが、集客したいとお考えでしたらやめておくことがベストです。読んでもいないブログに対していいねをしてもさほど効果がないからです。

 

もっと具体化するとアメブロでアウトバウンドマーケティングはスパムになり得ます。訪問販売やメルマガマーケティングではこの施策は有効的ですが、アメブロなどのSNSに近いものでやってしまうと最悪の場合ブログ削除等もありえます。

一方でブログランキングの上位に掲載され、インバウンドマーケティングの施策をした方が成約率も集客もできるというわけです。

アメブロの自動いいねツールは逆効果

 

読者登録をすること

こちらもいいね同様、こちらからアクションをしすぎたり、読者登録をしてもらいたいがために読者登録を無差別にするのは集客につながりません。

よく見るブログで、「読者が1000人」もいるのにも関わらず「いいねが10未満」というブログです。この場合、なにかしらの方法で読者を無理に集めたことがすぐにわかりますので、逆ブラディングとなってしまいます。

 

人気ブログランキングに参加すること

こちらもよく見る光景ですがIN/OUTポイントを稼ぐために「人気ブログランキングのバナークリックをお願いします」というようなフレーズを見ます。

ただ、これは2014年頃には有効的でしたが、今となっては効果はありません。

 

アメブロランキングに参加していない

アメブロは主な集客導線はアメブロランキングです。アメブロランキングはGoogleでいう所の検索エンジンの役割を果たしています。そのため、アメブロランキングへ参加していないと集客することができません。

そのため、アメブロランキングへの参加は必須事項と言えます。あなたの扱っている商品や情報発信している内容に合ったジャンルに参加することによって集客を行なっていくことが可能になります。

【2021年版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

文字量だけ多い記事を作成すること

アメブロはどちらかといえば、独自ブログのようにコンテンツ投稿よりSNSの方へ寄っています。ツイッターやFacebook、インスタなどの部類に入ります。

ですので、文字量が多いことや画像や動画などがなく文字だけではユーザーに読まれません。画像や動画をつけた上で投稿することがポイントです。

 

親近感がないブログ

親近感がないブログというのは読んでいて面白くありません。独自ブログのように知識や悩みを解決するというのが主目的ではないSNSよりのアメブロにおいて、親近感がないブログはすぐ閉じられてしまいます。

親近感というのはプロフィール写真がなかったり、文章内に絵文字や顔文字、装飾がないものです。

 

お店の公式ブログでしたらお店の写真や販売しているメニュー等でもいいですし、ECサイトで洋服を販売してるなら洋服等の画像でも親近感が湧きます。

そのほか、目立つ装飾をほどこしたり工夫をすることで親近感を持ってくれます。

アメブロで集客できる記事の書き方を4つご紹介

 

費用と時間を考えた効果ある集客方法とは?

多くのビジネスの場合、新規顧客を集客しなければ売上を上げることができません。そのため、様々な媒体から集客を行なっていきます。

たとえば、

  • Google検索エンジン
  • 広告(Google、Yahoo!、SNSなど)
  • SNS(Instagram、Facebook、Twitter)
  • アメブロ

といったところから、見込み客を集めると思います。

 

アメブロアクセスupサポーター
集客はビジネスの生命線です!

 

広告からの集客はコストと労力がかかる

広告から集客には大きな費用がかかります。Google広告やFacebook広告など様々ありますが、継続的な利用は毎月広告予算を割かなければいけません。

売上が安定していない企業や個人規模で事業をやっている方、副業レベルの方などは非常に厳しいのが現状です。

 

検索エンジンからの集客は時間がかかる

Google検索エンジンからの集客とは独自ドメインを取り、ワードプレス等でブログを投稿して、Google検索してきたユーザーを集客するという方法です。

この独自ブログでの集客方法は即効性がありません。つまり、集客まで時間がかかるということです。具体的にはサイトを新規で立ち上げて安定的に検索エンジンから集客できるのは1年、2年先ということもあります。

 

特定のキーワードで記事の作成をしたとしても、一定数のコンテンツがなければGoogleが評価してくれません。評価しないということは検索上位に上がりませんので、新規見込み客がサイトを訪問する確率が下がるということを意味します。

このように費用がかかったり、即効性にかけるという側面が多々あります。初心者から継続的に新規見込み客を獲得することができるのはアメブロ集客です。

独自ブログとアメブロ集客の違いとメリット・デメリット

 

アメブロは即効性と低予算で集客が可能

アメブロは即効性と低予算で集客が可能な唯一の媒体です。その理由としてはすでにプラットフォームとして出来上がっており、アクセス数を集めやすい環境にあります。

その一つがアメブロランキングを活用するということです。あなた自身が取り扱っている商品や情報発信している内容と合ったジャンルに参加することによって、多くの新規見込み客を集客することが可能です。

 

また、アメブロランキングの上位表示はアメブロアクセスupサービスを活用すればAI(人工知能)システムによって自動的に行われますので、安全に上位表示になることが可能です。

即効性と低予算で集客を考えている方はぜひ導入を検討して見てください。

 

番外編:集客がいらない場合とは?

例外としてはAmazonや楽天市場、メルカリなどプラットフォームを利用している場合には集客施策というのは不要です。なぜなら、プラットフォーム側が集客を行なってくれるからです。しかし、プラットフォームを利用するには手数料が必要で、10〜30%前後かかる場合があります。

 

まとめ

アメブロでマーケティング施策が効果がない7選を解説してきましたが、いかがでしたか?

効果のないマーケティング施策を継続的に行なっても時間を消耗してしまうだけで、集客効果を上げることができませんので効果のあるマーケティング施策を実施することをおすすめします。

効果的な集客方法は検索エンジンや広告、アメブロなど挙げられますが、低予算かつ即効的に集客ができるのはアメブロとなっていますので、ぜひ導入を検討して見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です