fbpx
1ヶ月無料キャンペーン開催中!詳細はこちらへ >>

アメブロ初心者でも実践できる書き方の3つのコツ

この記事ではアメブロ初心者でも実践できる書き方の3つのコツについてご紹介していきます。

アメブロで記事の書き方に悩まれている方はここで解説している3つのコツを実践してみることをおすすめします。具体的にはターゲット(読者)に発信することや読みやすい構成にすること、理解されやすい言い回しを活用することなどが挙げられます。

 

1つ目:ターゲット(読者)に発信する

アメブロで多くの人に読まれる記事を書くコツの一つに「ターゲット(読者)に発信する」ことを意識することです。

自分のブログを読んで欲しい読者は誰なのかを明確にした上で、自分にとっての読者がどれくらいの知識を持ち、どこまで専門用語を使って理解できるのかといった部分も意識してブログ記事を書くことが求められます。

 

特にこれから何かを始めたいと考えている方をターゲットとしている場合、その分野について詳しく解説する記事を書いたとしても、初心者では理解できない専門用語を多用していては理解されにくい内容となります。

一方、すでにその分野で活躍している人をターゲットにするなら、専門用語を使用しより深い内容を掘り下げて説明が行える記事を心がけるなど、読者の知識に合わせて記事を書くことがアクセス向上につながります。

 

2つ目:読みやすい構成にする(画像や改行、見出しを含む)

アメブロを書くコツには他にも、「読みやすい構成にする」ことも非常に重要です。

自身のアメブロに訪れる読者の多くは、難しい表現や単語、専門用語が記事内部で多用されていた場合、自分で調べてまで読んでくれる人は限られるため、誰が見ても読みやすく内容が理解できる文章ではないと読者を増やすことは難しいです。

 

そこでアメブロ初心者が心がけるべきなのが、小学5年生が読んでも理解できる文章で記事を書くことにあり、基本的にブログ記事を書く際には最初に結論を述べてから、その後に解説をしていくという基本形の流れを取り入れることで、結論を得た上でなぜそれに繋がるのかを解説していくわかりやすい文章に仕上がります。

さらに内容の補足として画像を入れたり、文章を読みやすくするために適度な改行や文章ごとの見出しにも気をつけると、読みやすい記事構成になりますのでおすすめの施策と言えます。

 

3つ目:理解されやすい言い回しを利用する

アメブロを書く上で分かりやすい記事にするためには、「理解されやすい言い回しを利用する」ことも大切です。

どんなコンテンツもできる限りわかりやすく簡潔に書かれていると、誰にでもわかりやすく理解される文章に仕上がります。

 

固有名詞や題名以外で難解な言い回しや表現はできるだけ避ける必要があり、さらに記事の中に「~です」という言い回しが連続するなど、全体のリズムが悪くなり読みにくい内容にならないように気をつける必要があります。

対策としてはアメブロ記事を書いた際には必ず一度読み直しを行い、文章のリズムや言い回しがおかしくないか確認し、読みにくいと感じたらその都度修正していけば簡潔な記事を書く力を身につけていくことができます。

 

書き方の習得で集客できるブログを作れる

アメブロで集客を目指すなら、初心者が最初に行うべきなのが書き方の習得です。

アメブロの書き方のコツとして挙げられるのが、自身のブログで扱う全体のテーマを明確にして、ターゲットとなる読者が知りたい感じる内容を記事に取り入れることや、記事のタイトルは興味を持たれるような魅力的なものを取り入れていく必要があります。

 

さらに読者が読みやすく・理解しやすい文章を心がけることで、多くの読者に読んでもらえる記事に仕上がります。

慣れないうちは人気ブログをチェックして参考にしてみるのもいいですし、記事をたくさん書いてその都度内容を確認し文章に不備がないか確認を行うなど、自分でチェックを繰り返すことで読みやすく興味を持たれるアメブロを作るコツとなります。

 

まとめ

アメブロ初心者でも実践できる書き方の3つのコツについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

記事を書く際にはターゲット(読者)に向けて書く方法や読みやすいように見出しや画像を付けること、さらには言い回しを分かりやすく記載することによって、アメブロ初心者でも効率的に集客していくことが可能となります。ぜひ実践してみることをおすすめします。