fbpx
【2ヶ月無料】サマーキャンペーン開催中! >>

アメブロのタイトルのつけ方を厳選4つご紹介

この記事ではアメブロのタイトルのつけ方を厳選4つご紹介していきます。

ブログのタイトルを工夫することで、よりユーザーの目に止まるブログを作り出すこと可能です。特にファーストビューとなるタイトル付けを徹底的に行うことをおすすめします。ここでは4つの付け方についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

商品名・お店の名前・サービス名を入れる

アメブロにはこれといったタイトルを決めるルールはないものの、より多くの読者の目を引くためのコツはあります。

そのうちの1つが商品名やお店の名前、サービス名を入れる事です。タイトルに名前を入れる事で伝えたいブログのテーマを明確に、なおかつ簡潔に説明できるので、訪問した読者の頭に滑り込む事ができます。

 

ここではタイトルに使っておくことがポイントです。その理由としては見やすさと後ろに回してしまうと検索画面で表示されずに読者に関心を寄せてもらえない可能性があります。

それから紹介したい商品名や店名などと同じ名前があった場合は、タイトルに用いるのは名前だけでなく、提供しているサービスの内容を少し盛り込んでおけば他のブログとの区別化がはかれるのでおすすめです。

 

明確な短いタイトルにする

明確な短いタイトルにするのはアメブロだけでなく、全てのブログに当てはまるといっても過言ではないでしょう。

ブログのタイトルは読者に関心を持ってもらうだけではなく、名前を覚えてもらう役割もあります。ブログタイトルだけで検索をしてくるユーザーも増加傾向にありますので、明確な短いタイトルを作成することが賢明です。

 

付け加えるなら文字数が多いと、覚えてもらえい可能性が高いです。そのためタイトルの文字数は15文字以内にするのが理想ですが、15文字以内に付ける時にコツがあります。

15文字以内というはあくまで目安となっていますので、提供している商品やサービスによって柔軟に修正していくことをおすすめします。

 

読みやすいワードにする

「読みやすいワードにする」とはすなわち、難しい漢字や英語は使わない事です。目安とすれば小学生が使えるレベルを重視し、それ以外の漢字や英語は避ける事を推奨します。

自分にとっては難しくない言葉でも読者には難しい事が多々あり、読んでもらえないリスクが高いです。また中々使わない漢字や英語であれば検索されない可能性があります。

 

読みやすいワードの選び方は「読者は子供からお年寄りまで」とイメージすれば、自ずと使用していく言葉が限定されていきますが、記号を用いるのだけはNGです。

記号はタイトルを華やかにしてくれる反面、検索時における入力のしづらさから覚えられていたとしても積極的に検索してもらえず、アクセスに悪影響をもたらします。普段から当たり前に使っている言葉のほうがタイトル付けには適しています。

 

造語でおしゃれに作る

「造語でおしゃれに作る」とは短いタイトルに個性を出すコツの1つで、インパクトがあるうえに覚えやすいのでお勧めです。

例えば除菌スプレーを紹介するとしても、そのまま用いるよりも「ぴかぴかスプレー」と紹介した方が覚えやすいし、読者に「何だろう」と関心を寄せてもらえます。しかし造語には注意点があり、それは他の名称と重複してはならない事です。

 

特に作品名なら尚更で、造語を作った後は必ず検索エンジンで調べる事を推奨します。その理由は単純で、アメブロではタイトルに作品名を入れてしまうのは著作権侵害と見なされ、規約違反として消去されてしまうからです。

情報を発信していく側にとって守らなくてはならないマナーであり、モラルであるため、細心の注意を払わなくてはなりません。

 

まとめ

アメブロのタイトルのつけ方を厳選4つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

明確なタイトルやお店の名前等を使うことで、ユーザーが瞬時にどのようなブログかを判断することが可能です。そのため、継続的に集客を行なっていきたい場合にはぜひタイトルを工夫してみてください。