fbpx
累計稼働数17,000突破!お申し込みはこちらへ >

初心者必見!アメブロの「いいね上限数」を徹底検証

この記事では初心者必見!アメブロの「いいね上限数」を徹底検証をお伝えしていきます。

アメブロでいいねする際に上限を理解していないと、アカウントの凍結やペナルティーの対象となりますので「1日の上限数」や「1度に行える目安いいね数」を把握しておくことをおすすめします。

また、上限に達した時やいいねをやり過ぎることによる注意点などを詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロのいいね上限数

アメブロいいねの上限数:1日300回まで

アメブロのいいねには上限数があり、1日で行える上限数は300回となっています。これは公式ヘルプでは記載されていませんで、フォローの上限数が200回/日となっていますので、いいねは+100回と設定されているようです。

自動化ツールの利用やいいね返しを狙う集客を行なっている方は注意が必要です。このいいね数を何回も超えてしまうと、高頻度アクションを行なっていると運営側にみられますので、ペナルティーの対象となる可能性もあります。

 

アメブロでいいねに上限を設けられた理由としては、代表的なのはスパム対策です。他のブログに対して多くのいいねを行うことツールなどがありますので、それを制限しているようです。

なお、フォローについても上限値が設定されていますので、いずれの場合も上限を超えないように行なっていくことが大切だと言えます。

 

上限に達した場合

アメブロは登録者数も多いですし、たくさんの記事にいいねをつけたいと思うかもしれませんが、そんな時に上限に達してしまった場合はどうなってしまうのでしょうか。

実は、上限に達すると「上限に達しました」と言う通知が届くようです。通知が届いてしまったら、今日はそれ以上のいいねをつけることができないと理解することができます。

 

実際に通知が来た後は、いいねというアクションができなくなっています。評価ポイントとして、アメブロの運営の方から知らせてくれる点です。SNSの場合、過剰いいねはすぐにアカウント制限や凍結の対象となります。

特に自動化ツールを利用して、ハッシュタグ検索や記事内検索で特定のワードに対していいねをしている場合には、300回のいいねはすぐに達す領域です。そのため、超えてしまわないように十分注意が必要です。

 

いいね上限で制限後の解除方法

アメブロのいいねが上限数に達してしまったら、しばらくいいねをつけることができなくなってしまいます。1日の上限数ですから、24時間経過すれば自然と解除されます。

解除のタイミングとしては、アメブロのいいねが300件を達した時間からちょうど24時間を目安に解除されるようです。もちろん、誤差がありますのでピッタリ24時間ということはないと把握しておくことが推奨されます。

 

例えば、21時に300件に達した場合は、翌日の21時頃に解除されると言うわけです。

その他の解除方法はありませんので、24時間の経過を待つほかありません。その間にはいいね以外の作業として記事の作成やカスタマイズなどを実施することがおすすめです。

 

いいねをしすぎるとスパムになる可能性がある

アメブロで多くの人の記事に大量のいいねをつけると、スパムになる可能性があるので注意が必要です。

自動でいいねがつけられるツールがありますが、やりすぎてしまうと迷惑行為とみなされてしまう可能性があります。便利なツールだと思って使いたくなるかもしれませんが、使わない方が賢明です。

 

なお、自動化ツールの利用はアメブロで「アカウント削除」される代表的な4つをご紹介でもお伝えしているように、アカウント削除の対象となります。

そのため、効率性を重視しても結果的にブログ削除になってしまっては本末転倒になりますので、自動化ツールや短期的な高頻度のアクションを行わないことをおすすめします。

 

スパムアカウントと他の利用者に思われてしまうと、様々な対策を講じられてしまいます。いいねを押したとしても、自分のブログに来て欲しいのに来てもらえないなどあるかもしれません。

アメブロ側ではスパム認定などはしていないとは言え、他の利用者が迷惑になる方法は避けた方が良いでしょう。

 

まとめ

初心者必見!アメブロの「いいね上限数」を徹底検証してきましたが、いかがでしたか?

アメブロいいねの上限数を知っておくことで、アカウントの削除やペナルティーを回避することが可能となります。また、いいねのやり過ぎによるスパムアカウントとなることを回避するために、適度に活用していくことをおすすめします。

アメブロいいねはマーケティング施策としては一つの手段となっていますので、上限数を参考に活用してみてください。