fbpx
【3ヶ月無料】新型コロナ対策応援キャンペーン >>

これで解決!アメブロの画像が貼れない場合の原因と対処法

この記事では「これで解決!アメブロの画像が貼れない場合の原因と対処法」についてお伝えしていきます。

アメブロに画像を入れるということはユーザーにとって読みやすいブログとなります。実際に画像を投稿しようと思った時に画像が貼れない場合があります。この時の具体的な原因と対処法をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

画像の容量が超えている

アメブロの画像が貼れない場合、いくつかの原因が考えられます。まずはサイズが大きすぎる場合があります。画像には容量というものがあり、サイズの大きい画像は重くなってしまいます。

投稿できるサイズはサービスによって異なりますが、アメブロの場合は1枚あたり3MB以下となっているのです。そのためこれより大きな画像は貼ることができません。

 

また、1ブログあたりの容量は1TB以下となっているため、このサイズを超えないように注意が必要です。容量を確認したいという場合、画像フォルダから確認してみましょう。

容量が足りない場合は容量アップサービスに申し込むという方法もあります。そうすると1枚あたり10MBまでのものを貼ることができますし、1ブログあたりは無制限となります。

【集客効果7倍】アメブロ有料プランの料金体系を徹底解説

 

ファイル形式が間違っている

アメブロの画像が貼れない場合、ファイル形式が間違っている可能性があります。こちらにアップロードできる画像ファイルはgifとjpg、pngのみとなっています。

3種類の形式しかアップロードできないと聞くと、不便に感じるかもしれません。しかし、この3種類はインターネット上で一般的に表示できるファイル形式であり、他の形式は対応していないブラウザがほとんどなのです。

 

つまりインターネット上に画像を投稿して見てもらいたいという場合、基本的にはgifかjpg、pngのどれかのファイルにする必要があります。

ファイル形式を変更するためには、画像編集ソフトが必要となります。無料のソフトでも可能なので探してみると良いでしょう。

 

キャッシュ・データを削除して試してみる

アメブロの画像が貼れない場合、キャッシュが原因となっているかもしれません。その場合はキャッシュを削除するという方法を試してみると良いでしょう。

まずはホーム画面左上にあるアイコンをクリックします。次に設定・ヘルプの中にあるキャッシュとCookieの削除を選び、それをクリックしましょう。最後に確認画面が出てきたらOKを押すだけです。

 

キャッシュ・データの削除ができたか確認したい場合、一度ログアウトしてからログインして確認する方法がおすすめです。

アプリのキャッシュを削除しても画像が表示されないこともありますが、その場合は使っている端末のデータを削除してみましょう。それて見られるようになるということです。

 

アップロード元へ保存されている画像かを確認する

アメブロの画像が貼れない場合、保存されている場所を確認する必要があります。最近ではスマートフォンからアメブロをやっている人も多いでしょう。

その場合は特に画像が保存されている場所に注意が必要です。アメブロでは外部ストレージに保存されている画像については、投稿することができないのです。

 

外部ストレージに入れているものをブログに貼りたいという場合、端末内に保存してからアップロードする必要があります。画像が多い場合はオンラインストレージやSDカードを利用することも多いでしょう。これらは本体の容量を使わずに画像が保存できるので便利です。

しかし、アメブロで使いたいものがある場合、先に本体の方に移す必要があるので忘れないようにしましょう。

初心者でも分かる!アメブロに画像リンクを貼る方法を解説

 

まとめ

アメブロの画像が貼れない場合の原因と対処法についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

画像が貼れない場合には容量オーバーやファイル形式が間違っているなどが考えられます。正しくアップデートした上で画像を挿入するか、キャッシュ削除などを実践してみることをおすすめします。

アメブロへ画像を入れることはユーザーに読みやすさを提供するために必須要件です。最後まで見てもらうためには視覚的なアピールも必要となります。