fbpx
【2ヶ月無料】サマーキャンペーン開催中! >>

アメブロ画像をアップロードできない時の4つの原因

この記事ではアメブロ画像をアップロードできない時の4つの原因について解説していきます。

アメブロで画像がアップロードできない時には容量不足やファイル形式の違い、キャッシュ・データの問題、デバイスの問題などが挙げられます。具体的な原因や対処法について解説していきますので、ぜひ参考にして見てください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

画像の容量問題

ブログにはテキストに限らず画像も貼り付けて投稿する事も可能なので、テキストのみよりも臨場感があったりわかりやすくさせられますが、アップロードできない場合があります。その原因としては容量が関係しています。

容量について定められているのが1枚3MBを超えないようにする事ですが、合わせて1つのブログにつき1TBを超えないようにするのも条件です。

 

容量について基準を超えていないかわからない時には、画像フォルダという箇所にて簡単に容量を確かめる事ができますし、ファイルの形式上や目的によってデータサイズを小さくする事ができない場合は容量アップに繋げられるサービスを利用する方法もあります。

アップさせると1枚10MBかまで許可される上に、1つのブログにおける制限が無くなります。

 

ファイル形式の問題

画像と言ってもデジタルカメラなどで撮影したデータの他に、イラストを描く事が得意な方が手がけたイラストや高性能なコンピュータを駆使して作られたグラフィックなどもあります。

そのように色々な種類の画像が存在しているが故に、各々の強みを引き出せるファイル形式がありますし形式によって文末に付けられる拡張子も異なります。

 

ブログサービスでは写真やイラストはもとよりグラフィックにおいても難なくアップロードし、作品が持つ魅力を引き出せるようにgifとjpg、pngに対応しています。

それぞれ画像において突出して用いられている拡張子なので、アップロードがスムーズにおにならない時は拡張子に目を向けてみることをおすすめします。

 

キャッシュ・データの問題

画像がアップロードできない時には個々が使用している端末やサービスではなく、アプリが関係している事例も珍しくないですがアプリが関係している時にはキャッシュを削除すれば解決できます。

キャッシュは一度アクセスしたページの情報を一時的に閲覧時に使用した端末に保存しておく事で、再び同じページにアクセスした際に全てのデータをダウンロードしなくても済む様子から、当初よりも迅速にページが表示できるようになる仕組みです。

 

保存されたデータが正しい状態ではなく、一部分が元来の働きとは異なる働きをしている状態であった時には、対象のページを訪れる度に正しく働かないデータが再利用されます。

そのため、キャッシュを消してクリーンな状態に戻して読み込み直せば正常に働きますし、迅速性も同時に実現します。

 

端末の問題

キャッシュとして保存されている情報が正しいものでないからこそ、対象のページを訪れる度に同様の変化が起こり続けるのと同じく、ブログサービスを利用する時に使用している端末の状態が本来とは様子が異なっているのが関係し画像がアップロードできない事もあります。

端末が関係している時に有効的かつ簡単なのが一度電源を切ってから再び電源を入れ直す事です。

 

再起動を行えば内部でそれぞれの関係性が良好ではない状態になっていても、再度正常に動作するようになります。

他にも今日において増えているクラウドサーバーを利用していたり、外部メディアを利用している画像をアップロードしたいのなら一度本体に保存してからサービスにアップロードしましょう。

 

まとめ

アメブロ画像をアップロードできない時の4つの原因についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

アップロードできない原因の中で代表的なものは容量やファイル形式といったものです。アップロードできる容量やファイル形式を理解しておくことで、未然にアップロードできないという問題を回避することができますので、ぜひ参考にして見てることをおすすめします。