fbpx
【7月31日まで】3ヶ月無料キャンペーン開催中 >>

アメブロの不具合とは?ツイッターの確認や対処法をご紹介

「アメブロに繋がらない時にどうすればいいのかがわからない」と焦っていませんか?

アメブロの運営が長くなるほどに、不具合に遭遇する確率が高くなるはずなので、ツイッターのチェックをはじめ、いろんな対処法を知っておくと安心です。アメブロで不具合が起こったら、まず何をするべきかを知ることで、冷静に対処できますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロの不具合の起こり方

いつもと同じようにアメブロのマイページにログインしても、アクセスできない時は不具合が起こっているかもしれません。トラブル時は、以下のような状態でアクセス不可なケースが多いです。

  • マイページにログインできない
  • 自分のアメブロが表示されない
  • 記事の投稿ができない
  • 投稿した記事のプレビューができない
  • アクセス解析が止まっている
  • メッセージが送れない

 

このような事態に陥ったら、まず、自分のスマホやパソコン、インターネット回線を確かめてみましょう。

その結果、異常がなければ、Amebaの方で何らかのトラブルが発生している可能性が高いです。アメーバ側でトラブルが起こっている際に多いのが、以下のような表示です。

  • ご指定のページを表示できません
  • お探しのページを表示できません
  • Error 503 backend read error

 

また、規約違反によってアメーバ事務局にブログや記事を削除されることもあります。特に「突然自分のブログが表示されなくなった」のような事態では、可能性が高いので、他のアメーバブログのアクセス状況を確かめてみましょう。

 

アメブロの不具合報告のツイッターとは?

アメブロの管理画面に入れない、記事にアクセスできないなどのトラブル時の原因究明のためにも、現在の不具合状況を確かめられるアメブロの公式ツイッターを知っておくとよいでしょう。

  • アメブロ公式ツイッター:https://twitter.com/ameblo_staff

 

アメブロの公式Twitterでは、ほぼリアルタイムにアメーバブログで起こっているシステムエラーが報告されています。現在の対応状況やエラー内容によっては改善の目処についても記載されていますので、ぜひ確認してみてください。

 

アメブロの不具合の対処法

アメブロの公式ツイッターだけでは、不具合の状況がつかみにくい、どう対処すればいいのかがわからない時に試していただきたい対処法があります。アメブロのツイッターで確認した後の状況によって、取るべき対処法をご紹介します。

 

アメブロスタッフブログを確認

アメブロでは、ツイッターだけではなくスタッフブログでも運営に関するお知らせを掲載しています。スタッフブログとは、アメブロのスタッフが更新しているアメブロです。

  • アメブロスタッフブログ:https://ameblo.jp/staff/theme-10000070547.html

 

不具合の情報以外には、新しいサービスのリリースや企画の実施などもあります。不具合の時はもちろんですが、普段からチェックしておくと、いち早くアメブロ運営に役立つ情報を受け取れて便利です。

 

他のアクセス方法で試してみる

アメブロの通信障害は、パソコンブラウザ、スマホブラウザ、アプリの全てで同時に起こっているとは限りません。また、不具合発生時は、全てのブラウザやアプリにてエラーが起こっていたとしても、復旧状況次第でアプリだけは繋がるなどの状況も考えられます。

そのため、不具合発生から時間が経過してきたら、さまざまなブラウザやアプリからアクセスするのがおすすめです。ブラウザやアプリには、以下の種類があります。

  • パソコンブラウザ
  • スマホブラウザ
  • スマホアプリ

 

さらに、パソコンにはWindowsとMac、スマホにはiPhoneと Androidなどの種類があるので、可能な限り、さまざまな環境でのアクセスを試してみましょう。

 

24時間ほど待ってみる

アメブロのシステムエラーや不具合は、大抵24時間以内に復旧しています。これまでの不具合のお知らせを確認した限りでは、復旧までに最長で24時間が目安のため、1日間を目処に待機してみましょう。

ごく稀に、それ以上の時間が必要になることもありますが、復旧には至っていなくても発生から24時間以内には、ツイッターかブログにて報告があるはずです。

 

まとめ

アメブロの不具合時の確認に便利なツイッターやその他の対処法を解説してきましたが、いかがでしたか?

ブログを更新しようと思った時にシステムエラーが生じると、長い時間アクセスできないように思えて焦ってしまうかもしれません。しかし、24時間以内の復旧が多いため、まずは冷静に確認をして、しばらくの待機をおすすめします。