fbpx
【3ヶ月無料】新型コロナ対策応援キャンペーン >>

アメブロがGoogle検索に反映されない2つの原因と対処法

この記事ではアメブロがGoogle検索に反映されない2つの原因と対処法についてお伝えしていきます。

アメブロを開設したのにも関わらず、Googleエンジンで検索しても見つからない場合には2つの原因があります。この原因についての対処法も合わせて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

原因:記事コンテンツが少ない

Googleの検索エンジンは自動人口機能を使った、アルゴリズムAIが使われています。その為に画像よりも言語が重要視されており、特に文脈や文節などが現在のアルゴリズム判定の重要な取捨選択になるとGoogleから発表されています。

言語が多くて内容のある物がサーチされやすい仕組みになるために、裏を返せばブログの投稿数がより多い方が検索順位の上位になる可能性が高いです。

 

前述したように近年は文章の内容が重視される傾向にあります。過去にはリンクや被リンクが多いほど検索順位的に有利だったり、キーワードになる言葉が羅列しているものが好まれました。

しかし不正行為が頻出したためにアルゴリズムが改訂され、記事コンテンツが多い方が優位性を増した経緯があるのです。

 

対処法:記事コンテンツを増やす

記事コンテンツの増やし方にもコツがあると、Googleは発表しております。1日で数記事をアップしたり急激にコンテンツを増加させることは、あまり好ましくはないのです。

定期的に継続的に記事コンテンツを増やしながら、内容のある文章を投稿してゆくことが検索エンジン対策として有効な手段になります。

 

これはコピペ文などでブログを埋めたり、文章的に間違ったコンテンツが増加したことにより正しい反映がされなくなったなど、過去の行き過ぎたSEO対策に対するペナルティが強化されたからになるのです。

記事コンテンツの増加方法としては、ターゲットを絞ることがまず大切です。読者層を意識して、正しい文章で内容のある物を投稿していきます。

アメブロ集客できるライティング5原則を解説

 

原因:Googleへ記事更新を伝えていない

Googleはコンテンツの更新を判断するのは、クローラーと呼ばれるシステムを使っております。

定期的にURLを使いサイト訪問をすることで、更新部分を抽出し定期的な更新がなされているのか判断をするのです。定期的な更新がされている方がアルゴリズムによる評価が高くなり、検索順位も上昇してゆきます。

 

その他としても記事コンテンツだけではなく、ヘッド情報にGoogleのクローラーが後進を判断する文章を記載することも出来ます。更新した場合にはGoogleへの報告ページも設けられているので、リンクを報告ページからクリックして送信することも出来ます。

基本的にはクローラーが数日から数時間など、不定期に巡回しているために記事コメントの投稿だけで十分です。

 

対処法:サーチコンソールへ登録する

Googleには数々の検索や解析をするツールがあります。サーチコンソールと呼ばれる機能もその一つで、検索順位を上げるためのツールとして知られています。

Googleのクローラーロボットに理解できるようなサイト作りを行えているのか、規約を守って意図的なペナルティを避けるなど、現在では知っておいて有用な事柄の多い機能になっております。

 

知らず知らずの内にペナルティを犯し、検索順位が下がってしまうことは少なくありません。すると購買サイトでは売り上げに直結しますし、宣伝サイトではリンクが減ってしまう可能性すらあるのです。

Googleのサーチコンソールを使用すれば、リスクを抑えながら検索順位を維持する管理体制を行えます。

アメブロとサーチコンソールを連携する2つの方法を徹底解説

 

まとめ

アメブロがGoogle検索に反映されない2つの原因と対処法をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

記事コンテンツが少ない場合には記事量を増やすことによって対処が可能です。また、サーチコンソールを登録することによって、更新をいち早くGoogleに伝えることができますので、Google検索にもヒットしやすくなるでしょう。ぜひ実践してみることをおすすめします。