fbpx
【2ヶ月無料】サマーキャンペーン開催中! >>

【iPhone】アメブロでコピペできない時の4つの対処法

この記事では【iPhone】アメブロでコピペできない時の4つの対処法について解説していきます。

iPhoneでアメブロの記事をコピーしようとした時にできない事象がごく稀に発生します。その時に代表的な原因や適切な対処法について4つご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

ブログ発信者側でコピペを規制しているので諦める

iPhoneを使用してアメブロを利用していて様々なトラブルによってアメブロの記事がコピーが出来ないといったことが発生します。

トラブルの一つに「ブログ発信者側でコピペを規制している」場合があります。これはブログの投稿者側が任意でユーザーがコピー出来ないように制限をかけていることが考えられます。

 

パソコン上の操作でいえば、右クリック禁止されているようなイメージを持つ方が多いですが、制限されてしまっているということは投稿者側からアメブロに記載されている文章などをコピーしてほしくないというサインでもあるので、どんなに素晴らしい記事であっても諦めることが必要です。

なお、これはアメブロの公式的な機能ではなく、プラグイン等で入れている場合がほとんどのようです。

 

アプリを削除した後に再度取り直す

iPhone操作をしてアメブロを閲覧している場合に、コピーが出来ないという状況に出会った場合は発信者側の制限がかかっておらず長押しコピーが出来ない時があります。

この時には様々な対処方法を試すことで改善する場合があります。例えば「アプリを削除した後に再度取り直す」という方法があります。iPhoneで文字をコピーする場合、文字の付近を長押しすると吹き出しが出て操作を行う流れです。

 

しかし長押しをしても出てこないようなら、何度か長押しを繰り返して反応を見た上で改善しない場合は一度アプリを削除した後に再度取得ことで改善する可能性があります。

一旦文字を入力しているアプリを停止した上で、再起動をして見るようにしましょう。もしくはアプリを一度削除して、再度取り直すことで操作が改善する可能性があります。

 

再起動を行ってみる

iPhone上でアメブロのコピーが行えなかった場合、様々な対処方法を試した上で改善しない場合には一度「再起動を行ってみること」をおすすめします。

アプリ上のトラブルでコピーが出来ないのではない場合は、使用しているスマートフォン自体の不具合の可能性が高くなります。そこで一度試して見る必要があるのが、機器の再起動を行ってみることで、アメブロに限らず様々なアプリトラブルもこの対処で改善する場合が多いです。

 

再起動の方法は右上側面にあるスリープボタンを長押しした上で、スライドすれば電源オフの操作を行うことが可能です。電源を一度オフにしてから再度電源を入れる操作を行えば簡単に再起動を行えます。

後は元の操作を行ってみてコピーが問題なく行えるかチェックして、操作に問題が内容なら発生していたiPhone自体の不具合を解消できたを判断できます。

 

アップデートなどを確認する

アプリの再取得やiPhone自体の再起動などを行ってみても状態が改善しないという場合には、「iPhoneのアップデートなどを確認」するようにしましょう。

これはiPhone自体のOSの不具合によってコピー&ペーストの操作ができなくなっている可能性が考えられるケースであり、定期的にOSのアップデートをしていないという方に起こりやすいトラブルの一つです。

 

そのためまずは自身のiPhoneの設定画面をチェックして、現在のOSが最新の状態なのか確認をすることをおすすめします。もし古い状態のままであれば更新を行うことでトラブルが解決する場合が多いです。

また最新OSであった場合も、そのOS全体に不具合が発生している可能性も考えられるので、TwitterなどSNSを通じて最新情報を収集してみることも大切です。

 

まとめ

【iPhone】アメブロでコピペできない時の4つの対処法についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

代表的な原因としてはブログ発信者側で何らかの制限を行なっている場合です。コピー記事を防ぐためにブログ全体を保護している場合、コピーをして引用することができません。そのため、その記事からの引用を避けるか、別途入力する必要がありますので理解しておくことをおすすめします。