fbpx
【2ヶ月無料】サマーキャンペーン開催中! >>

アメブロの殿堂入りとは?条件・特徴・収入を徹底解説

この記事ではアメブロの殿堂入りとは?条件・特徴・収入を徹底解説していきます。

アメブロの殿堂入りは過去に芸能人が5人だけ選抜されており、現在残っている方は3名となっています。これはMVBやジャンル別ランキングとは別のランキングが制定されています。

具体的な条件や特徴、収入等を合わせて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

アメブロの殿堂入りとは?

アメブロには殿堂入りと言う仕組みがあり、これを成し遂げると様々な面で特別な待遇が得られると考えている人が少なくありません。

しかし実際には殿堂入りをするためには特殊な条件等はなく、アメブロの運営側が様々な理由からその状況を鑑みて認定する仕組みとなっているため、非常に曖昧なものであるといえます。

 

アメブロでは様々な人が情報発信を行っており、これを利用して多くのスポンサー等が収益を上げていると言う実態もあります。そのため、人気の高い著名人などを殿堂入りさせることで、ブログ自体の人気を高めるとともに様々な面での広告宣伝効果を生み出すことができるものとなっているのです。

アメブロの殿堂入りとは、総合的な面から人気の高い人に与えられる称号であるため、この点を知っておくと良いでしょう。

 

条件:長期間ランキング1位や人気ブログなど

アメブロの殿堂入りをするためには、基本的に高い収益効果を生み出すブログを掲載する人であることが暗黙の了解として存在しています。

そのため長期間ランキングの上位に居続けることや様々なニュースなどで話題になるなど人気ブログを掲載する人であることが基本的な条件となります。

 

殿堂入りをする人の中に著名人が多いのはこのような理由であり、著名人はその名前が知られているので内容に関わらず閲覧をする人が増える傾向があり、さらにその内容が興味深いものであればそのランキングの上位の状態が継続し続けると言う特徴があります。

このような人を殿堂入りさせることで特別扱いが出来るようなものとなり、その知名度を上げることもできるためさらにブログの閲覧数を増やすことができる仕組みとなっています。

 

特徴:炎上などなく安定的な人気がある

殿堂入りをすると通常のランキングと同一には扱われず、別枠で表示されることになるため多くの人の興味を引きつけるようになります。

そのため安定した人気を確保することができ、また記事の内容によって炎上をするなどといったことがなくなると言うメリットもあります。

 

一般的にブログが炎上すると言う事は、様々な内容に関する注目が集まりそのアクセスが大きくなることによって爆発的に増えるものですが、そのために様々なトラブルが発生してしまうと言うことも少なくありません。

アメブロで殿堂入りをするとこのようなランキングに関わることなく一定の人気を誇ることができるので、安定したブログの内容とすることができるほか、閲覧者も安心して見ることができると言うメリットがあります。

 

収入:月収100万以上を稼いでいる場合もある

殿堂入りするとランキングから除外されるため、収入面でも影響を受けると思われがちです。

ただ、アメブロの場合にはランキングが上位になればなるほど収入が増えると言うわけではなく、純粋にPV(ページビュー)と呼ばれる多くの人の閲覧回数によってその収入が決まる仕組みとなっています。

 

そのため殿堂入りをした場合にはランキングとは関連性がなくなりますが、逆に安定した人気を誇ることができるようになり閲覧数が増えると言う傾向があります。

多い人では100万円以上を稼ぐと言う人もおり、安定した人気を誇ることによって収入が向上するといった仕組みとなっています。殿堂入りをするとブログの中では特別扱いされる形となるため、非常に稼ぎやすくなるのです。

 

まとめ

アメブロの殿堂入りとは?条件・特徴・収入を徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

アメブロの殿堂入りは明確な定義がなく、現在のところ芸能人が3名選定されているのみです。MVBの方は多くの方が選定されておいますが、殿堂入りはあまり増える見込みがありません。

ただ、実際に殿堂入りする場合には多くのアクセス数や支持が必要ですので、人気ブログということに間違いはないでしょう。