fbpx
累計稼働数17,000突破!お申し込みはこちらへ >

アメブロのアクセス数が0(ゼロ)?2つの解決法を徹底解説

この記事では「アメブロのアクセス数が0(ゼロ)?2つの解決法を徹底解説」についてお伝えしていきます。

アメブロでアクセス数を確認した時に0(ゼロ)になっている時には、今回ご紹介している2つの解決法を実践してみることをおすすめします。この方法はアメブロでアクセス数を増やす代表的なものとなり、初心者であってもすぐにアクセス数を増やしていくことができます。

 

アメブロのアクセス数が0(ゼロ)になる場合がある

アメブロのアクセス数が0(ゼロ)になる場合や前日より大幅に減る場合があります。その日のアクセス数はリアルタイムで集計をされていますが、翌日に改めてアメブロの独自解析で集計を行い、大幅に減少したり、ゼロになったりすることがあります。

一見すると、アクセス数0というのはシステム的なエラーや不具合の可能性もありますが、アメブロ側のスタッフブログで報告がない限りシステム障害などは発生していないと判断されます。

 

自動化ツール利用によるいいね

上記のアクセス数が0に関連して、いいねが付いているのにも関わらずアクセス数が増えない事象について解説していきます。

いいねの数よりアクセス数が少ない場合はツール等で自動的に行われていると考えられます。つまり、自動化ツールを利用している他の人があなたのブログに自動的にいいねをつけているということになります。

ツールの仕様によって異なりますが、基本的に自動化ツールでいいねを行なった場合にはアクセス数としてカウントされません。そのため、いいねが付いているのにも関わらずアクセス数がないという現象が起こります。

 

前日のリアルタイム速報値より低くなる場合がある

アクセス解析は当日のアクセス数をリアルタイムで確認することが出来ます。リアルタイムで更新されて、0時より再集計されるシステムになっています。翌日確認できるアクセス数は午前8時頃になっています。

SNSやメルマガなど他の媒体からアクセスを集めたとしても、翌日の確認でアクセス数が減っている場合があります。これはアメブロ側が独自に集計しているアクセス数のため、具体的な詳細を知ることはできません。

 

また、アメブロで表示されるアクセス数はGoogleアナリティクスで表示されるページビュー数と異なる場合があります。

アメブロを見ている訪問者はアメーバアプリからアクセスすることが多く、Googleアナリティクスは、アプリからのアクセスは反映しない仕組みになっているので、アメブロのアクセス数とGoogleアナリティクスのページビュー数が変わる事があります。

 

解決法1:アクセス数を増やすための施策を行う

アメブロで記事を書いていても、アクセス数が伸びない事が多々あります。アクセス数を伸ばすためには、アメブロランキングからアクセス数を増やすことができます。

サイトタイトルや記事タイトルを工夫してクリックしてもらうことで多くのユーザーを集客することが可能です。

 

その他、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを利用してアクセス数を伸ばす方法やアメーバ検索を利用することも有効です。アメーバ検索はプロフィールや投稿内容からキーワードや年齢・地域から検索することができるツールになります。

アクセス数を増やすには、たくさんのユーザーの興味をひく記事を作成する必要があります。ターゲット層なども決めてることも重要になります。記事を更新する頻度が高ければアクセスも増える傾向にあります。

 

解決法2:記事コンテンツを増やす

アメブロのアクセス数を多くしたいなら記事コンテンツを増やすと良いでしょう。人気がありそうなコンテンツの記事をたくさん書くことでアクセスが伸びていきます。

ブログのコンテンツは以下のようにたくさんあります。

  • 雑記ミックス型
  • 雑記オピニオン型
  • 特化ブログ型
  • 特化アフィリエイト型

 

コンテンツを増やすことによってブログへの訪問者が多くなるので、アクセス数が伸びることになります。コンテンツの質を上げることも重要になり、記事の内容が濃いものは訪問者も増える傾向にあるので、人が読みたくなるような記事を書く必要があります。

誰に向けて書いているのかや何を書いたら読んでくれるかなどを考えながら、記事の作成をすることも必要です。

 

まとめ

アメブロのアクセス数が0(ゼロ)?2つの解決法を徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

アクセス数が0(ゼロ)になってしまうとブログを書くモチベーションが低下してしまいます。そのため、今回ご紹介した2つの方法で解決していくことをおすすめします。

アクセス数が増えれば書くモチベーションも上がりますし、集客や売上アップに繋げることもできるでしょう。