fbpx
【2ヶ月無料】サマーキャンペーン開催中! >>

アメブロで動画を貼り付けができない時に確認するべき3事項

この記事ではアメブロで動画を貼り付けができない時に確認するべき3事項について解説していきます。

アメブロで動画を貼り付けできない時にはYouTubeの投稿方法やデバイスに保存されている動画の保存方法をそれぞれ確認することをおすすめします。加えて、アメブロ側の障害情報等も合わせて確認することで貼り付けができない原因を理解することができます。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

YouTube動画の投稿方法を確認

アメブロの記事に動画の貼り付けができないときには、基本である投稿方法を確認することをおすすめします。

 

【YouTube動画の投稿方法】

  1. 投稿したいYouTube動画のページを開く
  2. 「評価」のボタンと一緒の並びで、「共有」を確認
  3. 「共有」ボタンをクリック
  4. そSNSのアイコンと共に「埋め込む」が表示されるのでクリック
  5. 埋め込みタグが表示されるので、全部の文字を指定してコピー
  6. アメブロの記事を執筆するページに移動
  7. 執筆画面のエディタで「通常表示→HTML表示」に切り替えます。
  8. 先ほどコピーした埋め込みタグを貼り付ける
  9. YouTube動画の投稿が完了

 

デバイスに保存されている動画の投稿方法を確認

デバイスに保存されている動画をアメブロの記事に貼り付ける場合にはアプリを起動させてから記事の執筆ページを表示させます。

そして、文章を入力してから動画を表示させたい位置で、画面下にある写真マークを押します。そこからは投稿したい動画を指定すればいいだけです。注意点として、ここで記事に貼り付けられるのは、デバイスの内部ストレージに保存されているものだけです。

 

クラウド上に保存されているものは対象外ですから、貼り付けたいときにはあらかじめデバイスにダウンロードをしてから手続きをしておきましょう。

この手順では最大3つまで、動画の再生時間は1分までという制限があります。容量の大きい動画は、貼り付けができないので事前に貼り付けられる容量に編集をしておきましょう。

 

投稿できない場合、アメブロ側の障害情報を確認

YouTube動画やデバイスに保存した動画に問題はなく、記事に投稿する方法も正しい場合に、アメブロ側の障害を疑うことをおすすめします。

障害情報はアメブロのスタッフブログやTwitterのアカウントで発表されます。障害であれば、ユーザー側が出来ることはなく復旧するまで待つしかありません。

 

復旧についての報告も、スタッフブログとTwitterで行われるので、更新されるのを待っていれば良いです。運営スタッフからの障害情報はないけど、他に疑う要素がないときにはTwitterや掲示板の書き込みを調べてみましょう。

他のアメブロユーザーが、似たような状態に陥っているという報告をしている可能性があります。運営スタッフが把握していないのであれば、障害があることを報告して対応してもらいます。

 

動画を投稿することで集客力アップが期待できる

アメブロに投稿した記事は、情報を盛り込もうとすると長文になってしまいます。そうなると、読者あh最後まで見てくれない可能性があります。

動画を投稿すると、文章量を減らしつつ視覚的に訴えられるので情報が伝わりやすくなります。アメブロで多くの訪問者に来てもらうためには、内容が充実している事が重要です。理解しやすく役立つ情報を提供できるようになれば、リピーターが増えていきます。

 

さらに、動画を見ることで訪問者が記事を読む時間が増えます。このように動画を投稿することで生じる様々な効果により、アメブロのランキングや検索エンジンの順位が上がれば、さらに訪問客が増えます。

もちろん、集客力アップを実現するためには、うまく動画を活用できる文章力や構成力が必要です。始めたばかりの場合には、他のユーザーのアメブロで動画をどのように活用しているのかを調べてみることをおすすめします。

 

まとめ

アメブロで動画を貼り付けができない時に確認するべき3事項についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

アメブロで貼り付けができない時にはYouTubeでの投稿方法やデバイスに保存されている動画の投稿方法を確認することをおすすめします。それでも解決しない場合にはアメブロ側の障害情報を確認すると解決することができます。