アメブロ「AmebaPick」審査通らなかった時の3つの対処法

この記事ではアメブロ「AmebaPick」審査通らなかった時の3つの対処法について解説していきます。

AmebaPickの審査はアメブロアフィリエイトをやる上で決して避けては通れないもので、もし審査が通らなかった場合にはアフィリエイト活動ができないことを意味します。

仮に審査が通らなかった時にはこの3つの対処を行うことで、AmebaPickへの登録が可能となります。ぜひ参考にして実践してみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

Ameba Pickの審査が通らない時もある

Ameba Pickの審査基準は外部には明確に示されていません。そのため審査を受けると必ず通るわけではなく、極稀に通らない人もいます。

通らない原因として考えられるのは、アメブロを開設して間がなく記事の数が少なすぎる、利用規約に違反している内容の情報を発信しているなどなど、さまざまな理由が推測されます。

 

もしAmeba Pickの審査に落ちてしまったときには、一度開設したアメブロを見直して原因を究明してから、再び申請をすればクリアできる可能性は高いです。

そもそもAmeba Pickの審査基準は非常にゆるいとされていますから、基本的な部分さえ気をつけていれば、厳しいイメージがある審査も楽々とクリアできるでしょう。

 

対処法1:記事数を増やす

Ameba Pickの審査では、記事の数が何よりも重要と考えられます。そのため申請をする前に、とにかく記事数を稼ぎましょう。記事数を稼ぐための簡単な方法としては、日常的なつぶやきのような短文を書くのが手っ取り早いと思うかもしれません。

しかし短文ばかりの記事だと審査基準をクリアできない可能性があるので、最低でも100文字程度は書くことをおすすめします。

 

ある程度の記事を書こうとするとネタがなく難しいと思うかもしれませんが、内容は日常的なことでも問題はないと思います。

子育てで楽しかったことや辛かったこと、旦那に対する愚痴や今日食べた料理が美味しかったなどなど、日常的な内容でも記事カウントされる可能性がありますので、日記感覚で気楽に書くことがおすすめです。

アメブロ集客できるライティング5原則を解説

 

対処法2:利用規約に反する情報発信をしていないか確認

記事の内容は基本的には何でも構いませんが、アメブロの利用規約は守らなければいけません。利用規約に違反した内容の記事を掲載していると、どれだけ長文で優れた記事でも審査に通ることはありません。

具体的な利用規約に違反する内容とは、暴力的な内容や他人を誹謗中傷する内容です。軽い愚痴程度なら問題ありませんが、特定の個人や企業に対する誹謗中傷や暴力的な内容はアウトになります。

 

また法律違反になりかねない怪しい商品やサービスの勧誘系もアウトとなっており、基本的には法令に違反しなければ問題ありません。

さらにアメブロはアダルトも禁止ですから、大人から子どもまで楽しめる健全な内容のコンテンツでブログの記事数は稼ぐようにしましょう。

 

対処法3:一定期間時間を置いてから再申請を行う

一度Ameba Pickの申請をして審査をクリアできなかったら、問題点を素早く改善しすぐに再申請したくなるかもしれません。しかし審査落ちした直後に再申請をするのは、再び落ちる可能性が高くなると言われています。

そのため問題点を見つけて改善したとしても、すぐに再申請をするのではなくしばらく時間をおいてからにするのがおすすめです。

 

どの程度の時間をおいてから再申請をすれば良いのかは、審査基準と同様これも明確に示されていません。

ですが審査落ちの通知を受け取ったあとにすぐにあとに再申請をするのは印象が悪くなりますから、最低でも数日おいてから行うのがベストでしょう。問題点さえ解決していれば、再申請でも審査をクリアできます。

AmebaPickの稼ぎ方を3ステップにて徹底解説

 

まとめ

アメブロ「AmebaPick」審査通らなかった時の3つの対処法を解説してきましたが、いかがでしたか?

記事数を増やしたり、利用違反している記事がないかを確認した上で再申請を行うことで、審査を通過する確率を上げることができます。

AmebaPickはまだまだ成長期なので、多くの会員を増やしたいと思っています。そのため、重大な違反がない限りは審査をパスできますのでぜひ取り組んでみることをおすすめします。