fbpx
累計17,000ブログが利用!お申し込みはこちらへ >>

AmebaPickで収益を上げるための2つの方法

この記事ではAmebaPickで収益を上げるための2つの方法についてご紹介していきます。

アメブロの独自アフィリエイトであるAmebaPickで収益を上げるためには報酬体系の定率と定額を理解し紹介方法を工夫することによって、継続的に収益を上げていくことができます。

ここでは具体的な2つの方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

「定率」案件と「定額」案件の違いとは?

商品を紹介することで稼げるチャンスが生まれるAmebaPickですが、「定率」案件と「定額」案件の違いとは報酬がもらえる設定の違いを意味します。

ユーザーが商品を購入したとき、購入金額に対して規定の割合が報酬となっているものが「定率」で、1件あたり何円と金額が決まっているものが「定額」です。

 

【定率と定額案件の一例】

  • 【定率案件】
    楽天、Amazonなど
    成果単価:5円~300円
    購入率:約2%
  • 【定額案件】
    動画サブスク、化粧品など
    成果単価:1,000~2,000円
    購入率:約1%

 

「定率」案件は雑貨類など購入金額が低くて1件あたりの報酬は少ないのですが、比較的読者が手を出しやすいアイテムに多いです。

それに対して、「定額」案件は化粧品のように購入金額が大きくて1件あたりの報酬が高額ですが、読者がなかなか手を出しくいアイテムに多いという特徴があります。この違いをよく理解した上で、紹介するアイテムを決めましょう。

 

「定率」案件を活用した方がいい人

AmebaPickの報酬体系で定率案件を活用したほうが良い場合、すでに多くのファンがいたり、アクセス数が多いと稼ぎやすくなります。

例えば参加しているジャンルで、ランキング上位表示されているのであれば「定率」案件を選択することによって、収益を向上させることができます。

 

もちろん、紹介したアイテムの品質が悪ければ、読者はたちまち離れてしまうことに注意をしましょう。そんなことにならないように、発信力だけでなく、良いものを見極める力も必要です。

「定率」案件を上手く紹介できれば、安定して収益を得られますので、長くAmebaPickを続けることが可能となります。

 

「定額」案件を活用した方がいい人

「定額」案件は、一件あたりの報酬が大きいので、大半の読者が購入してくれなくても、一部だけでも購入してくれれば収益化が可能です。

ですから、特定のジャンルに特化して、読者の数は少なくてもコアなファンが一定数いるブロガーの場合には活用したほうがいいでしょう。

 

定額案件の中には動画サブスクも含まれていますので、動画コンテンツを中心に発信しているブロガーは活用してみると収益化をしやすくなります。

また、美容関連で情報発信している場合には、化粧品類の定額商品を扱うことによって高い収益を獲得できる可能性もありますので、取り組んでみることをおすすめします。

 

紹介方法を工夫する

AmebaPickで稼ぐために、アイテムを紹介する方法ですが、継続的に紹介しやすい方法をとることが賢明です。

1つの記事で1つの商品の魅力を掘り下げて書くという方法もありますが、商品を探して情報を集めるのは大変な作業です。そのため、何気ない普段のブログ記事に、関連するアイテムやお店をいくつか紹介するだけのほうが容易に紹介できます。

 

1つの記事の内容で、複数個のアイテムやお店を紹介したとしても自然な形になります。1つのアイテムだけの記事だと、それに興味がない人が反応することはないでしょう。

しかし、複数のアイテムやお店を紹介していれば、いずれかの商品に興味をもってもらえる可能性があります。このような紹介方法であれば、継続しやすいですし成果にも繋がります。

 

まとめ

AmebaPickで収益を上げるための2つの方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

報酬体系の定額と定率の違いを理解することによって収益を最大化させることができます。また、紹介方法を工夫することによってクリック率が変わってきますので、おすすめの方法となります。