fbpx
累計17,000ブログが利用!お申し込みはこちらへ >>

【アメブロアフィリエイト】アクセス数を増やす4つの方法

この記事では【アメブロアフィリエイト】アクセス数を増やす4つの方法についてご紹介していきます。

アメブロアフィリエイトを実践する場合にはアクセス数が多いほど収益化しやすくなります。多くのユーザーが訪問すれば、商品の購入率も上昇するからです。ここで具体的にアクセス数を上げる4つの施策についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アメトピ掲載を狙った記事を投稿する

アメブロのトップページにはトピックが掲載されますが、これはアメトピと呼ばれるもので当サイトに訪問してくる読者の大半はトップページをお気に入り登録しているため、非常に目につく部分といっても過言ではありません。

アメトビは、更新すると表示されるものではなく、アメーバーブログのスタッフさんが記事を実際に読んで選んでいるのが特徴です。

 

実際にAmebaヘルプにはこのような記載があります。

アメーバトピックスの略称で、ピックアップ専門チームが365日、毎日、人の目で実際にブログを読んでピックアップした記事のことです。
ピックアップされると、ホーム画面やジャンルページのトップなどに掲載されます。
掲載期間は約2日程度となっておりますが、前後する場合があります。

参照:Amebaヘルプ

 

ちなみに、アメブロではタイトルの文字数は15文字以内になっていますので、クリックされやすいようなキーワードや言い回しを使うことで、スタッフの目に止まりやすくなります。

短くても相手に伝える方法を学ぶためには、Yahoo!のトップページに表示されているニュースタイトルを参考にするといいでしょう。短いタイトルでも内容を明確に伝えています。

 

ハッシュタグを活用する

アメーバーブログのスタッフさんがアメトピに掲載される記事を見つけるときにはハッシュタグを使い絞り込む場合があります。

一般的にSNSで利用されているもので「#」のあとに特定のキーワードを追加することで、ハッシュタグ検索で表示される仕組みです。

 

アメブロでは、ハッシュタグが最大10個まで設定できますので、アメブロスタッフさんに発見される可能性も増えます。そのため、可能な限り上限になっている10個すべてを使うのが良いですが、一方で記事内容そのものが良くてもタグがずれてしまうと採用率が下がりますので注意が必要です。

また、ハッシュタグには採用されやすい種類もあるので、どのようなものが採用されやすいのかを調べておくのも大切です。

 

アメブロランキングの上表表示に入る

アメブロランキングの上位表示は、多くのアクティブユーザーの目に入る部分ですから誰もが上位を狙いたいと考えています。

順位を上げるためのポイントは、様々ありますが代表的なものはアクセス数を上げることです。アクセス数を上げる方法は主に以下のようなものが挙げられます。

 

【アクセス数を上げる方法】

  • 価値あるコンテンツを投稿する
  • 内部リンクを設置し回遊率を上げる
  • SNSと連動する
  • 他のブログと連動する
  • ハッシュタグを活用する
  • 需要のある記事投稿を心がける

 

現在ランキングが300位以降の場合には、上記の例を取り組むことで100位前後に上がる可能性があります。

一方、現在100位前後でさらに上位表示を目指す場合にはアメブロアクセスupサービスの集客支援サービスを利用することを推奨します。広告システムによって多くのアクセス数を集めることが可能です。

 

他のブログと連動してアクセスを増やす

アメブロ以外にもブログを運営している場合やアメブロを複数運営している場合にはそれぞれを連携することによってアクセス数を増やすことが可能です。

それぞれのブログでの情報発信は少しずらした内容を投稿することによって、全く別のブログとなり、それぞれのユーザーを各ブログへ誘導することができ、結果的にアクセス数を増やすことができます。

 

これはブログだけでなく一般的なサイトで行われている方法で、複数のプラットフォームを連動させることによって、自社メディアを見てもらうという戦略です。

各プラットフォーム上のユーザーを他の自社メディアへ誘導することによってコンバージョンを上げることもできますし、基盤となるアクセス数を増やす効果にも繋がります。

 

まとめ

【アメブロアフィリエイト】アクセス数を増やす4つの方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

アメトピ掲載を狙う方法やハッシュタグの活用、アメブロランキングの攻略、他のブログとの連動を行うことでアクセス数を増やしていくことができます。代表的なやり方ですので、ぜひ取り入れてみることをおすすめします。