アメブロ×メルマガの集客を超具体的に解説

この記事では「アメブロ×メルマガ」の「集客」を超具体的に解説していきます。

アメブロは多くの人が利用しているプラットフォームなので、ターゲット属性にあった顧客を集客することが可能です。1日10件の新規見込み客を獲得したという事例もあります。

それではその具体的な方法を解説していきます。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アクセスupサービスの詳細を見る

 

アメブロランキング上位表示が必須

アメブロ×メルマガの両方を使って情報発信を行って集客したい場合、メルマガの登録の際のメールアドレスが大事な顧客リストの要となります。

ところが、なかなかメルマガが登録されない・登録されても商品が売れないといった方が多いのが現状です。

 

それにはいろいろな原因が考えられますが、まずメルマガへ辿り着く入口となるアメブロが面白くない、顧客のニーズに合っていない内容になっていない・アメブロとメルマガの内容に一貫性がないなどの原因が考えられます。

こうなると、アメブロへのアクセスが少なく、ランキングも下がりブログ自体が多くのブログの中に埋没してしまいます。

 

アメブロのジャンル別にアクセスされるのは上位20位前後までです。(ジャンルによって違ってきます。50位でも見られる場合もあります)

20位より下位になるとベージをクリックしてめくらなければならなくなるという一手間があるため、20位以内でしかも上位にランキングされている必要があります。トピックスなどに選ばれると、大した内容でもない記事にさえものすごいアクセスが集まります。

アメブロランキングで上位表示したい場合にはアメブロアクセスupサービスを活用することが最も手取り早いです。有名ブロガーまでもが活用しています。

 

ブログ訪問者をすぐにメルマガへ誘導

アメブロを使ってメルマガ登録者リストを作成し、商品の販売はメルマガの方でやっていくという「アメブロ×メルマガ」モデルが最も効率の良いやり方です。

まずは、アメブロの読者の目に留まるような魅力的なコンセプトとコンテンツを考え、それをキャッチコピーに落とし込み、ブログのタイトルにもします。

 

アメブロを利用するメリットは

  • すでにサイト内に見込み客が集まっていること
  • いいねや読者登録機能があること(SNSのようなブログになっている点)
  • アメブロアクセスupサービスという集客ツールがあること

といった点が挙げられます。

 

見込み客がいることがわかっているのでターゲットに合ったブログを書いていけば、濃い見込み客を獲得することができます。

毎日ブログを書かなくても、定期的に更新することによってその効果を最大限に得ることができるでしょう。

この取り組みが上手くいくと、1日あたり1件から5件の読者をメルマガへ誘導することが期待できます。

アメブロランキングで上位表示になる3つのメリットをご紹介

 

アメブロ→ランディングページが鉄則

販売したい商品のランディングページへと導くのが鉄則ですが、その入口となるアメブロの内容が大事になってきます。

読者がアメブロを読んでランディングページに移行するためには、内容の濃い魅力的な記事を書けるかどうかにかかっています。

 

一番いけないのは商品の説明文をダラダラと書き並べているだけの記事です。

このような記事は、売り手の思いが読者に伝わらないし、心に刺さりません。文章構成やオリジナリティ溢れる読者に「なんかこれ、面白そう」と思わせるような記事を書くことが求められます。

それができれば、読者は途中で飽きることなくスムーズにランディングページへと移行することができるわけです。

 

この「なんとなく良さそう」は大事で、「なんとなく良さそうだから読み進めてみよう」という次のアクションにつながります。

ランディングページ自体も構成やデザインを考えたしっかりしたものを作成しなければなりません。効果を発揮するのが「写真」です。読者に雰囲気が十分伝わる写真の使い方が重要になります。

 

顧客情報をメルアドで保管することがビジネスで安定経営するポイント

個人情報の名前や住所というのは、結局その顧客にDMの発送など何かしらの情報発信をしたいわけです。

それならば、バラバラと細かい情報を細切れのように持っているより、顧客のメルアドさえ保管しておけば、いつでもどこでも相手にプッシュ式の情報発信をすることができます。プッシュ発信とは、顧客がアクセスしてくれるのを待つ手法ではなく、こちらから積極的にアプローチしていく手法です。

 

ツイッターやインスタグラムはプル方式になりますが、メルマガはプッシュ手法になります。

メルアドさえあれば、何らかの事情でネット店舗を畳んだとしても、また再開が簡単にできます。新しいブログを開設して、そこに顧客を誘導する事ですぐにビジネスを再開することができるのです。

 

メルアドは目先のお金よりも重要な財産であるといえます。ビジネス展開で一番重要なのは、「生涯生産価値」を高めていくことです。

新規の顧客を集めるには新たなコストがかかりますが、これまで登録されたメルアドを活用し、リピート率を高めて単価を上げることで最大の利益を上げることが可能になるのです。

アメブロ集客で色彩心理学を活用する4大メリット

 

まとめ

アメブロ×メルマガの集客を超具体的に解説してきましたが、いかがでしたか?

アメブロは多くのユーザーが集まっている場所であり、その中で的確に情報発信していくことができれば自社サービスの商品に興味がある顧客リストを多く獲得することができます。

そのためにはアメブロアクセスupサービスのような集客ツールを活用してアクセス数を増やし、ランキングの上位表示をしていくことが大切です。