fbpx
1万7000ブログ突破!お申し込みはこちらへ >>

アメブロアフィリエイトで確定申告は必要?徹底解説

この記事ではアメブロアフィリエイトで確定申告は必要?という内容をお伝えしていきます。

アメブロアフィリエイトで収益が出た時にはどのタイミングで確定申告が必要になるかをご紹介します。目安となるのが年間所得が20万となっていますが、人によっては年間20万以下でも確定申告をする必要があります。

また、経費計上なども合わせて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

年間の所得が20万が目安となる

アメブロアフィリエイトはAmeba Pickの登場により、従来より収益化しやすい環境となっています。そのため、多くの人が確定申告の必要の有無で判断に悩んでいます。

目安として年間で20万以上の課税所得を上げている方は確定申告の対象となります。

 

確定申告を行わないと後から税務署より請求があったり、延滞税等の通常より多く払わなければいけなくなります。

ただし、この20万円を目安にする内容は、サラリーマンなど会社に属している方向けとなります。パート勤務やアルバイト勤務、専業主婦の方などは控除額の範囲になるので、この収入であれば確定申告は必要ありません。

 

課税所得20万以下なら確定申告は不要

アメブロのアフィリエイトを利用して収入を得ている場合、年間に20万円以上の収入があると原則確定申告を行うことは必要です。ただし、この額面に対しては経費を差し引くことを可能になっています。

20万以上の収入があったとしても経費を除外すると範囲外になるような方は確定申告は不要です。どのような範囲が経費として認められるかと言えば、以下のようなものが挙げられます。

 

【経費計上可能なもの】

  • アメブロを運営するために利用するパソコンの購入費
  • アメブロへ綺麗な写真を投稿するためのカメラ購入費
  • アメブロの運営方法を学ぶためのセミナー費用
  • アメブロを集客方法を教えてもらうためのコンサル費用
  • アメブロを活用するためにビジネス仲間と意見交換するためのカフェ代金
  • ブログを書くために費やした取材費
  • ブログに使うために購入した雑貨など各種アイテム

 

その他、電気代や通信費、移動費等を経費計上できます。

※上記の一例に挙げたパソコンやカメラ、電気代、通信費など私用で利用可能なものは仕事と私用利用で按分する必要があります。按分率や具体的な経費計上の可否、加えて領収書の保管義務や帳簿付けの方法等で控除や制度が変わってきますので、専門家への相談を推奨致します。

 

所得20万以下でも確定申告が必要な人

【所得20万以下でも確定申告が必要な人】

  • 年収2000万以上
  • 税金の還付を申請する人
  • 医療費控除を受けたい人
  • 住宅ローン控除を受けたい人
  • 2箇所給与を受けている人

 

通常では会社での年末調整を行なっていますが、年収2000万以上の場合には年末調整の対象ではありませんので自分で申告する必要があります。

また、還付金は自分で申請しないと受け取れないものなので副業の収益が20万以下でも申告が必要です。その他、控除や2箇所で給与を受け取っている人も対象となります。

 

収益や経費は全て記録しておく良い

アメブロアフィリエイトで収入を得ている方は収益と経費の2つの部分を全て記録することは必要です。

記録方法は紙媒体でも問題はありませんが、現在では会計ソフトを使ってデータとして残す方法が主流です。クラウド上で全て管理できますので、数年単位での記録も簡単にできます。

 

また経費においては領収書を保管する義務があります。加えて、領収書の裏側などを利用してアメブロのために使った内容を書き込んでおくとベストです。

収益を上げるために経費を利用するという前提条件がありますので、私用で利用した飲食費などを計上しないよう注意しましょう。

 

まとめ

アメブロアフィリエイトで確定申告は必要?を解説してきましたが、いかがでしたか。

基本的にアメブロアフィリエイトでの売上から経費を引いた額が20万以上なら確定申告が必要です。追加で控除を受けたい場合には20万以下でも確定申告が必要になることが注意点として挙げられます。

アメブロアフィリエイトで年間の課税所得で20万以上収益化している人は増加傾向にありますので、ぜひ取り組んでみることをおすすめします。