アメブロの自動いいねツールを見分ける方法はあるのか?

この記事では「アメブロの自動いいねツールを見分ける方法はあるのか?」についてお伝えしていきます。

アメブロでは自動いいねやフォローなどを行うツールが出回っていますが、それを見分ける方法があるのでしょうか。

その辺りを具体的に解説していきたいと思います。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

自動いいねとは?

自動いいねとは、人ではなく機械がいいねを付ける行為です。一般的には記事を人間が読み共感や役に立ったと思ったら、いいねを押して反応します。

しかし自動いいねはボットと呼ばれるプログラムが自動でアメブロを巡回し、設定した条件を満たした記事があれば機械的に付けているだけです。つまりボットについて知らないと、記事に共感してくれてたり役に立ったと思って嬉しくなりますが、実際には人間には読まれていないわけです。

 

特にビジネス目的でアメブロを使っている場合は集客目的でボットを使っている可能性が高く、真実を知ってしまったらガッカリするかもしれません。そのためアメブロのいいね数は、現在ではアテにならないとされています。

アメブロ集客ツールは効果があるのか検証

 

ビジネス目的なら自動いいねを使っている可能性

ビジネス目的なら自動いいねを使っている可能性が高いのは、集客に効果があるからです。自分のアメブロに知らない人からいいねがつくと、とりあえず相手のアメブロもチェックしたくなるでしょう。

特に同じジャンルなら興味を持って読んでくれる可能性があるので、集客効果は抜群です。

 

またいいねを付けたお礼に返してくれる訪問者もいるので、自分のいいね数を増やすこともできます。その結果ビジネス目的で作成したアメブロのアクセス数は増え、売上のアップにも繋がります。

このように他人のアメブロにいいねをすれば自分に返ってくるので、古くからほぼ無差別に行われてきました。それを自動化するため現在では人の手ではなく、ボットやツールを使うのが当たり前になっています。

 

自動いいねを確実に見分ける方法はない

人が記事を読みいいねをしてくれたら嬉しくなりますが、ボットやツールが機械的に付けているだけなら嬉しさもありません。面倒なスパムだと感じてしまうので、ボットと実際に読んだ人のいいねを見分けたいと思うでしょう。

ですがアメブロの自動いいねは、確実に見分ける方法はありません。(弊社は自動化ツールを見極めることができる特殊なシステムを保有しています。そのブログを特殊なシステムに当てることによって、自動いいねやフォロを利用しているかどうかを明確に判断できます)

 

アクセス数が増えていないのにいいね数は増えている場合などは疑わしいですが、それもカウンターのバグが原因である可能性もあります。

相手のアメブロが明らかにビジネス目的でも、絶対に機械で付けていると判断できる方法はないのでハッキリさせられません。第三者がボットやツールを確実に見分ける方法は現時点ではありませんから、諦めるしかないでしょう。

 

自動いいねの利用はスパム利用になる可能性がある

売上アップに効果があるなら、ビジネス目的でアメブロを開設しているならボットやツールを使いたくなるかもしれません。

ですが集客を目的としている場合は、ボットやツールの使用は非推奨ですbotやツールの存在はアメブロ利用者の間で広く知られており、相手がビジネス目的ならすぐに気付くでしょう。スパムだと思われたら売上にも繋がらないので、逆効果になる恐れもあります。

 

またビジネス目的でアメブロを開設している相手にいいねをして返されても、同じようにボットやツールを使っている可能性が高いです。

つまり相打ちの状態になりますから、全く意味がないことになります。自動いいねだけでは集客できないので、使わない方が良いでしょう。

【保存版】アメブロが削除される7つの理由

 

まとめ

アメブロの自動いいねツールを見分ける方法はあるのか?についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

自動いいね等をブログを見ただけでは明確に判断できませんが、ビジネス利用されている方は可能性としてあるでしょう。

弊社はブログを特殊なシステムに当てることによって、そのブログが自動いいねをしているかどうかを見極めることができます。そういう技術的なものができるところには明確に判断されてしまうでしょう。