不動産業界でもアメブロ集客が有効な4つの理由

不動産業界でも集客ができないがために、客付や販売ができない会社が急増しています。

昔のように店舗を構えていればお客さんがくるという時代ではなく、不動産屋が自ら情報発信をしお客さんが検索によってお問い合わせをするという時代になってきています。

この記事ではそんな不動産業界においてもアメブロ集客が有効な4つの理由についてお伝えしていきます。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アクセスupサービスの詳細を見る

見込み客にピンポインで届く

不特定多数に対して無差別に情報を発信するダイレクトメールやチラシと違い、ブログサービスは消費者自身が検索エンジンで情報検索した結果として辿り着く場所です。

つまり不動産の話を中心に扱っているブログの閲覧者というのはそのほぼ全てが潜在的なターゲットユーザーなのです。

 

同じ100人に対して商品やサービスをアピールするにしても、コンテンツに興味がある人間にアピールするのと興味がない人間にアピールするのでは、最終的な成約率に大きな差が生まれることは言うまでもありません。

その意味で見込み客にピンポイントで情報を届けられるブログ集客は重要です。

参考:アメブロの有料プランを使うと大量に見込み客を集められる

 

差別化ができる

競争が激しい不動産業界、少しでもライバル企業を出し抜き消費者の関心を引くために広告の差別化をはかりたいと考えるのは当然のことです。

こうした差別化戦略においてもブログサービスの活用はとても有効です。

 

時間や予算の制約が大きいCMに比べて文字と画像主体で元々興味関心を持っているユーザーが閲覧するブログでは、より多くの情報を顧客に伝えられるだけでなく、ブログ運営者のキャラクターで消費者の心を掴むなど多種多様なアプローチを行うことが可能です。

ワンアイディアで大きなチャンスを作り出すことができるのは特に中小企業にとって魅力的です。

 

費用対効果が高い

インターネット誕生前の世の中では広告宣伝を行おうと思えば多額の費用が必要でした。

しかし21世紀のインターネット社会では格安で運営できるTwitterやブログであっても、センスとアイディアさえあればネットユーザーの拡散によって巨額の費用をかけて放送されたCMと同等以上の広告効果を得ることが可能です。

 

流石にそこまでの大きな成功を得られることは稀ですが、無名の中小企業であっても数十万から数百万規模の広告効果を生み出すことは十分に可能です。

またゼロからホームページを立ち上げるよりも簡単なのもメリットです。

参考:アメブロでランキング順位を上位にするサービス

 

永続的に集客できる

ブログサービスの情報は運営元のサービスが終了しない限りは半永久的にインターネット上に残ります。

これは一度十分な量のコンテンツを用意すれば、仮に更新を停止しても継続的に集客が可能であることを意味しています。

 

チラシの配布が基本的にチラシを配布した週にしか効果を発揮しないことを考えると、ブログの活用がいかにコストパフォーマンスに優れた施策であるかが分かります。

とはいえインターネットユーザーは情報量だけではなく、情報の鮮度も重視するので永続的な集客を目指すのであれば、定期的に更新を行った方が効果的なのはたしかです。

 

まとめ

人口減少で黙っていてもお客さんがこない中、情報発信することで他社と差別化できより濃いお客さんを獲得することができます。

また、対面で初めて自社の魅力を伝えるのではなくブログを活用しPRすることによって、お客さん自身も安心しますので成約率も高くなると言えます。

実際にアクセスupサービスの利用者にも上場企業の不動産会社から地方の小さな不動産会社の方も利用していただいています。

今後さらに不動産業界での情報発信も増えていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です