fbpx
累計17,000ブログが利用!お申し込みはこちらへ >>

アメブロの代表的な3つのレイアウトを徹底解説

この記事ではアメブロの代表的な3つのレイアウトを徹底解説していきます。

レイアウトは様々なものがありますが、今回ご紹介するのはアメブロの中でも代表的な3つになります。特に記事の表示方法が異なりますので、イメージに合ったデザインを選択することが大切です。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

レイアウトとは?

手軽にブログ運営を行うことが出来るとして人気が高い「アメブロ」は、国内でも多くのユーザーが利用しているブログサービスの一つです。

自分だけのブログを作る上で、多くの人に注目してもらうためには、ブログのデザインは非常に重要だと考えられています。アメブロは比較的カスタマイズがしやすい傾向にあるので、自分の理想のデザインにカスタマイズを行うことも十分に可能ですが、初心者の方はまずは手軽に始めたいという方も少なくありません。

 

そんな時にはアメブロに元々用意されている既存デザインを利用したレイアウトを活用することもおすすめです。レイアウトとはデザインにおいてコンテンツどのように配置するか編集する機能を意味します。

アメブロには基本となるレイアウトがスタンダードとタイル、リストの3種類が用意されており、これから自分がどのようなブログを運営していくかレイアウト選びも、読みやすさに影響します。

 

アメブロレイアウト:スタンダード

アメブロレイアウトの中でも最もポピュラーだといわれているのが、「スタンダード」に設定する方法です。

ブログを開いた時点で記事をすぐに読むことが出来るシンプルなデザインであり、表示させる件数は1から3、5と10の4つから選択することが出来ます。

デフォルト設定では1表示の設定になっていますが、記事数が多くなってくると次の記事を読むためには一々クリックをしてもらう手間がかかります。情報化社会の今はできるだけ様々な情報を効率よくチェック出来るかが求められるため、ブログを開いただけで複数の記事を呼んでもらえるようにするためにも、1記事設定から3から10表示まで利用しやすさを考えて設定を変えてみることをおすすめします。

 

アメブロレイアウト:タイル

アメブロレイアウトの最後となる「タイル」は、リストの冒頭文章は載らずに大きめの写真とタイトルだけが表示されるレイアウトデザインとなっています。

リストと同様にクリックをしないと本文記事を読むことが出来ませんが、タイルは今人気のSNSのように画像が大きめに表示することが出来る特徴を持っています。

 

ブログというと文字が基本という考えが強いですが、印象的でおしゃれ、スタイリッシュな写真を大きく表示させることにより、興味を持って記事をクリックしてくれる読者も少なくありません。

出かけた先の風景写真や、食事の写真などをのせるブログを運営しているのであれば、あえて文字で魅せるブログではなく写真を大きく見せることが出来るタイルレイアウトは非常に役立ちます。

 

アメブロレイアウト:リスト

アメブロレイアウトの中でも「リスト」は、タイトルと日付、写真と冒頭文章が表示されるため、気になる記事はクリックをしないと表示されない特徴を持っています。

そのためせっかく興味を持ってブログに遊びに来てくれた読者がいても、リスト型はどのような記事なのか把握しにくいのでクリックせずにそのままページを閉じられてしまう恐れがあります。初心者向けのレイアウトではないといわれています。

 

記事をコンパクトに、日付順で順番に表示させてスッキリとしたレイアウトを目指したいという方にはおすすめです。

ただし、ユーザーの興味を引くためにタイトルを魅力的なものにするとか、アイキャッチ画像をクリックされやすくするなどの工夫が必要です。

 

まとめ

アメブロの代表的な3つのレイアウトを徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

アメブロにはスタンダード型やタイル型、リスト型があり、それぞれ表示方法が異なります。そのため、デザインをするときには好きなものを選択の上、設定することが良いでしょう。ユーザーが読みやすいように設計できていれば、どれを選択しても支障がありません。