アメブロで見出しをつけると集客力アップ?徹底検証

この記事では「アメブロで見出しをつけると集客力アップ?徹底検証」について解説していきます。

ブログは見出しをつけることによって、長い文章であっても読者に最後まで見てもらうことが出来ます。

その結果、メルマガの獲得やECサイトへのアクセス増加にもつながりますので見出しをつけて読みやすくすることをおすすめします。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

見出しとは?

見出しとは本文の内容や要点を非常に短い言葉でまとめた言葉です。新聞などさまざまな記事や文章に使われていて、本文より大きなサイズで章や節の最初に使われています。

アメブロで公開している記事に見出しを付けると、ユーザーフレンドリーになります。本を読むときもタイトルや章、節ごとに細かく分類された見出しがあると、読む前に内容を把握できるようになり間便利です。

 

アメブロでも文章の最初や章ごとに見出しを付けることによって、読む人もわかりやすくなります。

これから読むセクションに何が書いてあるのか事前にわかっていると頭にも入ってきやすくなりますし、記事の中から特定の内容を知りたいときにも、見出しがあるとすぐに読めて好まれます。

 

アメブロの見出しには3種類ある

見出しと一口に言っても、アメブロには3種類あります。

  • 大見出し
  • 中見出し
  • 小見出し

 

という3種類があり、それぞれサイズが異なります。文章の章が変わるときには大見出し、章の中で内容を区切るなら中見出しや小見出しなど、記事の構成に合わせて使い分けましょう。

文字のサイズが違うだけなら、編集画面で大きさを指定すれば良いと思うかもしれません。

 

しかし文字のサイズを指定して大きくするのと、専用の見出しを使って記事に付けることには大きな違いがあり、ブログの構成上においても有利になります。

読者にわかりやすい文章にするだけではなく、有効なマーケティング施策をしアクセスアップに繋げるためにも、アメブロでは見出しタグを使って付けるようにすることをおすすめします。

アメブロ集客で色彩心理学を活用する4大メリット

 

見出しのカスタマイズも可能

アメブロの見出しは基本となるデザインの他にさまざまなカスタマイズが可能です。上下にラインの入った見出しから上下が破線やドットになったライン、さらには二重線の入ったものまであるの使い分けが可能です。

さらに付箋風のデザインに塗りつぶしや白背景の吹き出し、重ねた付箋のようなものまでさまざまなタイプがあります。

 

デザインだけではなくカラーも選べるので、テンプレートやアメブロの雰囲気に合わせてカスタマイズするのがおすすめです。

全体のデザインとバランスのとれた見出しを付けると、より雰囲気が良くなり読者にも良いイメージを与えられるでしょう。上手にカスタマイズして自然に文章に取り入れるのも、見出しを活用するコツです。

 

見出しがあると最後まで読んでもらえる確率が上がる

商品やサービスの紹介記事をアメブロに書いていると、ついつい長文になってしまいがちです。

ビジネス目的だけではなく個人でも好きなテーマで記事を書いていると、つい書きすぎたと感じることもあるでしょう。しかし長文の文章というのは、読者にとって読みにくいブログです。

 

特に女性は男性に比べて長文を読むのが苦手と言われており、興味のあるテーマで文章が長いと、最後まで読んだのに内容が入ってこないことがあります。

そんなときは最初に戻っていちから読むしかありませんが、長文だとその気もなくなるでしょう。ですが文章に見出しを入れておけば読み返しも楽になり、熱意を込めた長文記事も最後まで読んでもらえる確率が上がります。

【2020年版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

まとめ

アメブロで見出しをつけると集客力アップ?徹底検証してきましたが、いかがでしたか?

読者に長文を読んでもらう時には見出しをつけることは必須事項と言えます。特にビジネス利用している方は見出しがないと散漫なイメージがついてしまいますので、必ずつけることをおすすめします。