fbpx
累計17,000ブログが利用!お申し込みはこちらへ >>

アメブロで画像が横向きで投稿される原因と対処法

この記事ではアメブロで画像が横向きで投稿される原因と対処法をご紹介していきます。

アメブロへ画像を投稿する際に横向きで投稿されることがあります。これについての原因やデバイス別の対処法を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

画像が横向きで投稿される原因

スマホで撮影した画像をアメブロに貼り付けた際に、縦向きの画像が横向きになって表示されてしまうエラーが表示されるケースがあります。

このとき、パソコン上で画像の向きを縦向きに変更(画像を選択してからマウスの右ボタンをクリックして表示されるメニューから右に回転など)をしてからアップロードしても同じような結果になります。写真が横向きになってしまう原因は、写真データに含まれるEXIFと呼ぶ情報が邪魔をしています。

 

EXIFは、スマホカメラの機種や焦点距離、絞りやシャッター速度、ISO感度や撮影日時など様々な情報が含まれていて、その中にはカメラの回転に関する丈夫も含まれています。

そのため、この情報を書き換えないと正しい向きにすることはできません。

 

対処法:iOS端末を利用の場合

iPhoneやiPodなどで撮影した写真の場合、必要な画像を開いてからスクリーンキャプチャで範囲指定を行い撮影することが可能です。

また画像を再生産すると、位置情報などのような公開に注意を要する情報を全てなかったことにできます。

 

元の写真データにはEXIF情報が含まれているけれども再生産することでEXIF情報は引き継がれませんので、横向きで投稿されることはなくなります。

ちなみに、最近のスマートフォンで撮影した画像は、そのままアメブロにアップするのには画素数が大きすぎてしまうなど、このような方法で画像サイズを縮小することで適切な大きさでアメブロの中に自らが撮影した写真を多くのユーザーに見て貰えるようになります。

 

対処法:Android端末を利用の場合

Android端末の場合、アップロードする予定の画像をアプリを使って開きます。該当の画像を選択してから、右下部分に表示されるメニューマークから回転を選択して写真そのものの向きを変えてしまえば正しく表示できるようになります。

この場合、EXIF情報はそのまま残ることになりますがアメブロが用意しているアプリを使えばEXIF情報は削除された形で掲載が可能です。

 

その理由は、アメブロでは画像を投稿する差に位置情報などが含まれているとプライバシーなどに影響を与える目的EXIFを削除しているからです。

このとき、画像の向き情報も削除されてしまって向きが本来とは異なる方向になることもありますが、先ほどの方法で対処すれば正しい向きになります。

 

パソコンを利用している場合(ペイントを使った方法)

パソコンで画像を回転する方法というと、画像を選択してからマウスの右ボタンをクリック、この時表示されるメニューから右にもしくは左に回転といったコマンドを使えば回転させることはできます。

しかし、このような方法で90度回転させてもアメブロにアップロードした際に向きが変わらないことも少なくありません。

 

最も簡単な方法は、画像をウィンドウズの標準アプリでもあるペイントを使うやり方です。画像を選択してマウスの右ボタンをクリック、表示されたメニューから「プログラムを開く→ペイント」の順に選択します。

ペイントで写真が開いたら、メニューから回転を選択して別名保存を行えばオリジナルはそのままでアメブロに投稿できるようになります。

 

まとめ

アメブロで画像が横向きで投稿される原因と対処法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

画像が横向きで保存される場合もありますが、画像修正は簡単に行うことができますので、アップロードする前に修正を行うことをおすすめします。