fbpx
1万7000ブログ突破!お申し込みはこちらへ >>

初心者向け!アメブロにインスタグラムを埋め込む方法

この記事では初心者向け!アメブロにインスタグラムを埋め込む方法について解説していきます。

インスタグラムを埋め込むことによって、写真の視覚的な情報をユーザーに提供することが可能となります。また、インスタグラムの特性を生かすことも可能になりますので、相乗効果を生むことができます。

ぜひ、アメブロへインスタグラムの埋め込む方法を習得して実践してみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

投稿を「埋め込む」と「シェアする」の違い

アメブロにインスタグラムの投稿を表示する方法には「埋め込み」と「シェア」の2種類があります。

どちらも見え方は同じなので違いがないと思えますが、実際にはさまざまな違いがあります。大きな違いは表示できるインスタグラムの投稿にあり、シェアできるのは自分で投稿した写真や動画のみです。

 

他の人がインスタグラムに投稿した内容をアメブロに表示したいときには、シェアは使えず埋め込みで表示するしかありません。またシェアが利用できるのは、スマホのアプリからのみです。

パソコンからアメブロに表示したいときには、利用できず埋め込むみしか使えません。タイトルや記事内の文章も変更できず、アプリから操作を行うとすぐに投稿が反映されます。

 

アメブロにインスタグラムを「埋め込む」方法

アメブロにインスタグラムの投稿を埋め込む方法はパソコンとスマホのブラウザ版から可能です。埋め込みたいインスタグラムの記事の右下にある自分マークを選んだら、右上の三点リーダーをタップします。

 

するとメニューが表示されるので、埋め込みを選択しコードをコピーしましょう。

 

コピーが完了したらアメブロの投稿画面に移動し、タイトルを入力しテーマを決めたらHTMLの編集画面にコピーしたコードを貼り付けてください。

貼り付けが完了したHTML編集画面に戻って一番下で改行し適当な文字を一文字入れると、文章が入力できるようになります。

 

プレビューでは写真は表示されませんが、最後に投稿ボタンをタップすると記事が投稿され写真も反映されています。

 

アメブロにインスタグラムを「シェア」する方法

自分がインスタグラムに投稿した内容をアメブロにシェアする方法は「スマホのアプリ」から可能です。

シェアしたい記事の右下の人物マークから右上の三点リーダーをタップしたら、メニューから今度はシェアを選びましょう。

すると投稿先が表示されるので、Amebaを選択すれば投稿がシェアされます。

シェアはインスタグラム投稿時に一括で投稿できるのでとても楽な運用方法です。

 

シェアができない時の対処法

三点リーダーをタップした後のメニューでAmebaが表示されていない場合は、インスタグラムとの連携ができていない可能性があります。

インスタグラムからアメブロに投稿した写真や動画をシェアしたい場合には、事前にAmebaとの連携をしておきましょう。

 

パソコンからシェアをする方法

結論から言うと、パソコンから投稿をシェアすることはできません。

パソコンにてインスタグラムの投稿をシェアする場合、「シェア」を選択後には下記のように表示されます。ここで「Ameba」の表示がでませんのでシェアすることができません。

 

メディアへ複数投稿することで効率化できる

集客目的でインスタグラムやアメブロを使っている場合、他のSNSも同時に利用しているかもしれません。

もし複数のメディアを利用しその他のSNS等にインスタグラムの投稿をまとめて投稿したいときは、埋め込みの下にあるシェアを活用してみてください。埋め込みの下にあるシェアをタップすると、複数のSNSやメールなどさまざまなサービスに同時投稿できます。

 

アメブロも含めて連携したサービスにすべて投稿できますから、一つ一つシェアする必要はありません。

まとめることによってアメブロやインスタグラムの運用が効率化できるので、複数のメディアを使って集客しているなら、まとめてシェアできる機能を使って効率化するのがおすすめです。

 

まとめ

初心者向け!アメブロにインスタグラムを埋め込む方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

インスタグラムをアメブロへ表示する方法として「埋め込み型」と「シェア」がありますので、どちらかを選択して活用してみてください。自社メディアで発進するときには複数のSNSやブログを活用することによって、より拡散力が上がりますので、ぜひ複数メディアでの情報発信をしてみてください。