【2020年版】アメブロでアクセスアップする3原則を解説

この記事では【2020年版】アメブロでアクセスアップする3原則を解説していきます。

アメブロでアクセスアップするためにこの3原則を行いながら運営していくことが大切です。アメブロでアクセスアップをしたいと考えている方はぜひ参考にして見てください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

カテゴリー別のまとめページを作成

アメブロでアクセス数を上げるには多くの方々に注目されるブログにする必要があります。それはコンテンツ内容の良し悪しはもちろんのこと、見やすいブログにすることも大切です。

1つの話題だけでアメブロを活用するよりも多岐にわたる話題を扱う方が魅力的なブログになりますが、この時は各カテゴリー別のまとめページを作成するようにしましょう。

 

まとめページとは文字通りカテゴリーの要約をしるすものであり、どのような話題を取り上げているのかを簡潔に説明すると良いでしょう。例えば、当サイトではアメブロ集客の教科書としてカテゴリーページをまとめています。

このようにすることで、各検索エンジンでもページが検索対象となり、検索を辿ってブログを閲覧する方を呼び込むことも可能です。アメブロにはまとめページ作成ツールも用意されていて、簡単に作ることが可能です。

アメブロランキングで上位表示になる3つのメリットをご紹介

 

SNSと連携してアクセスアップを目指す

近年、数多くのSNSがあり、パソコンだけでなくスマートフォンでも活用できます。

どこに居ても手軽に情報をキャッチできることから子供からお年寄りまで活用しており、これを活かしてアメブロのアクセス数アップを図ることも可能です。

 

例えば、Twitterであれば2018年からアメブロとシステムを共有するようになり、Twitter内でアメブロのリンクURLを貼っただけでブログ記事の一部を表示させられるようになりました。

この一部表記にタイトルもユーザー自身で作成できるので、興味を引くタイトルを付けることも可能です。SNSと連携する際はユーザーページ内で連携させたいSNSのアカウントを入力だけでおこなえます。

 

ターゲットがいるアメブロランキングへ参加する

アメブロでアクセス数をアップさせる方法としては「アメブロランキング」に参加をするというのも有効手段です。

このランキングは2014年から開始されたサービスで、各カテゴリーに見合ったランキングが用意されています。

 

たとえば園芸という分類で参加をした場合、同じ項目のブログを作成している方々のアクセス数を競うことになります。ランキング自体は毎日発表されます。

ランキング上位者からユーザー名と記事が一覧に表示されるので、園芸という項目に興味がある方に対して上位表示されている人ほど自然とアプローチができるという訳です。ランキングに参加をする場合は必ず公開ベージにしなくてはいけませんが、高い効果を発揮してくれます。

【2020年版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

初心者でもアメブロでアクセスアップさせることが可能

アメブロでアクセス数を上げるには長い月日を掛けてブログを執筆しないといけないように感じます。

ところがアメブロに用意されている各機能を駆使することで、初心者でも短期間でランキング上位に食い込むことが可能です。

 

その各機能とは以下の2点です。

  • SNSとの連携
  • アメブロランキングへの参加

特にアメブロランキングへの参加は必須となります。その上で、アメブロアクセスupサービスを利用することが、初心者がアメブロランキングの上位表示するためには必要になることです。

 

個性的なブログを書いたり、大量のSNSアカウントからアクセスを供給してもアメブロランキングの上位に表示されなければあまり意味を成し得ません。

その点、アメブロアクセスupサービスは独自の人工知能を活用してアクセスアップしていますので、ほぼ確実にアクセス数が上がりアメブロランキングの上位表示に入ることが可能なのです。初心者から上級者までアメブロランキングの上位表示に入りたいという方は検討してみることをおすすめします。

 

まとめ

【2020年版】アメブロでアクセスアップする3原則を解説してきましたが、いかがでしたか?

アメブロでアクセスアップするためにはカテゴリーページやSNSとの連携、ターゲットのいるアメブロランキングへの参加が必須となります。これが大前提ですが、さらに大切なのがアクセスupサービスを利用するということです。ぜひ検討して見てください。