アメブロ公式ジャンルを参加するメリット・デメリットを解説

この記事ではアメブロ公式ジャンルを参加するメリット・デメリットを解説していきます。

特にアメブロをビジネス利用している方や集客で活用している方はこの辺りを理解しておくとスムーズに実践することができるでしょう。

それでは早速解説していきます。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

アメブロ公式ジャンルとは?

今やブログは多くの人々が参加していて、知らない者同士の交流の場であったりもします。中でもアメブロ公式ジャンルはたくさんの参加者の下、高い人気を誇っています。

ブログに参加する際には、ジャンルを選びますがアメブロ公式ジャンルを利用すればランキング入りを目指すことが出来ます。選択肢が多くある中から、自分が書こうと思っているブログの内容に1番近いジャンルを選択肢、登録をすることで人気ブロガ-になることも夢ではありません。

 

ジャンルごとのランクが示されているので、高いランキングに入っているブロガ-の人気の秘密や、ブログの書き方等も勉強することも出来るはずです。非常にわかりやすく登録も簡単なのでこれから始める初心者には持ってこいのサイトなのではないでしょうか。

アメブロランキングで上位表示になる3つのメリットをご紹介

 

アメブロ公式ジャンル参加のメリット

アメブロ公式ジャンルに参加するメリットはたくさんありますが、先ず1番に挙げられるのは、誰でも気軽に始められるということではないでしょうか。まったくブログの知識がない初心者でも始めることができるのです。

ブログというのは不特定多数の相手に閲覧されるものですが、アメブロはそれほど構えなくても気楽に始めることが出来ます。なぜなら、登録が無料だからです。

 

そのうえジャンルが実に多く分かれているので、自分のブログの内容と合致するジャンルを見つけるのはそれほど大変なことではありません。

もちろん、ブログで収入を得るためには非常に多くのファンが得られなければ難しいですが、アフェリエイト対応がされているのもメリットのひとつです。広告を貼ることでお小遣い程度であっても広告収入を期待することが出来るでしょう。

【最新版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

アメブロ公式ジャンル参加のデメリット

デメリットとして考えなければならないのは、不特定多数の閲覧者の中にはいろいろな人がいるということです。

従って時としてそんなつもりで発信した訳ではないのに、炎上することになってしまったり、覚えがない誹謗中傷を受けることもないとは限りません。

 

それから、一部の商用利用が禁止されているということもデメリットのひとつとしてブログを開設する前に覚えておいた方が良いでしょう。アフィリエイトなどの商用利用は2018年12月以降解禁されていますので、詳しくは【保存版】アメブロの商用利用を活用する3つの方法をご覧ください。

いずれにせよ、確かな情報やコンテンツを発信していけば炎上等は起こらないでしょう。

 

アクセス数やランキングが上がるとモチベーションも上がる

さて、ブログは独り言のようだったり日記的要素があるものですが、やはり人に見てもらえると張り合いが出来ると言う人がほとんどです。

それに、見ず知らずの人から応援の言葉をもらったりメッセ-ジのやり取りをするというのも無料で始められるアメブロならではの交流だと言えるでしょう。たくさんの人と意見を交換することは、自分が今まで気がつかなかったポイントが判り、見聞が広まります。

 

そして、ランキングインを目指す大きなモチベ-ションに繋がるはずです。

ランキングに入れば、閲覧者の目に留まりやすく、ファンを増やす絶好の機会にもなります。アクセス数をあげることによってアメブロランキングの上位表示が可能となりますので、その際にはアメブロアクセスupサービスをご利用ください。

初心者でこれからブログを開設してみたいという人は、是非アメブロ公式ジャンルから気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

アメブロ公式ジャンルを参加するメリット・デメリットを解説してきましたが、いかがでしたか?

公式ジャンルに参加することで多くの人の目につきやすくなりますし、アメブロランキングの上位表示ができると、それだけでもブランディングになります。

アメブロを開設したら、すぐにでも公式ジャンルのどれかに参加することが賢明といえます。