アメブロでジャンルを効果的に選ぶ2つの方法

この記事ではアメブロでジャンルを効果的に選ぶ2つの方法について解説していきます。

ジャンル・アメブロランキングを効果的に選択することで集客やPRはもちろん、ブロガーとして活躍できるかが決まってきます。

最初の選択で間違わないように、効果的な2つの選択方法解説していきます。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

1つ目の選択方法:ブログ記事にあったジャンルを選択

アメブロのジャンルを効果的に選択するには、2つの方法を考えて選ぶことができます。ポイントはブログでどのような記事を取り扱うか、その点を良く考えて絞り込む点にあります。

選択がちぐはぐだと、折角良質な記事を書いても見てもらえなくなり得ます。ブログの記事とジャンルをマッチさせることこそが、効果を引き出すコツですから、そこを重視して何を選ぶか検討しましょう。

 

子育てや料理にファッションと、暮らしや介護に趣味など、アメブロでは様々なものが用意されています。更に細かく分けられていますから、ベストなものを選んで記事を書き始めたいところです。

似ているようで異なるものも少なくないので、全体に目を通して絞り込んでいきましょう。

アメブロランキングで上位表示になる3つのメリットをご紹介

 

公式ジャンルはテーマに合った内容で執筆すること

公式ジャンルのテーマは、そのないように合わせて記事を執筆することが必要です。テーマにズレがあると読者は混乱しますし、何より信頼性が損なわれてしまうのでご法度だといえます。

様々なジャンル分けされているのは、読者が読みたい記事を選べるようにしているからなので、それに反する記事は間違いです。意図せず間違ってしまった場合は、改めて記事を書き直すか、正しく選び直すのが賢明です。

 

また、書き始めの段階で内容がマッチしていても、後でズレてくることもあり得るので、確認しながら書き進めることが大切です。

テーマと記事を合わせてこそ、アメブロで注目されたり読んでもらえるコンテンツになりますから、改めて重要性を確認することをおすすめします。

【保存版】アメブロの閲覧数の4つの増やし方を徹底解説

 

2つ目の選択方法:上位表示ができそうなジャンルを選択

アメブロにおけるもう1つのジャンル選びの方法は、上位に表示できる可能性の高いものを検討することです。上位表示は注目度や人気を意味しますから、一度上位に表示されれば、以降は話題を集めて次々に読者が増えることになります。

もちろん、一般的にこの上位に入ること自体が難しいですが、それでもジャンル選びの工夫によって、ある程度有利な状況が手に入ります。ただし、アメブロランキングの上位表示はアメブロアクセスupサービスを利用すれば簡単にできます。

 

ジャンルは一見すると種類が多く、そしてライバルも少なくない印象ですが、実はジャンル毎に偏りが存在します。そこを捉えて選ぶことができれば、やはりアメブロで効果的なジャンルの選択が実現するでしょう。

選び方1つで表示にかなり影響しますから、後々のことを考慮して、最初に念入りな検討をするのがベストです。

 

ジャンル参加者が少ないものへ参加すること

上位表示を前提としたジャンル選びは、参加者が少ないものを選んで参加することになります。参加者とはつまりライバルですから、競争相手が限られるほどチャンスがあります。

当然ながら記事の質によって読者の評価は変わるので、コンテンツを充実させることは重要です。

 

しかし、それと同時にジャンルの選択も表示に関係してきますから、記事の内容がテーマに合っているだけでなく、ライバルが限られるジャンルを選ぶのが最適です。

参加者が少ないジャンルは、それだけニッチだったりマイナーなので、上位に入れる可能性が大幅に高まります。記事を執筆する難易度は上がりますが、挑戦してみるだけの価値はありますし、上手く読者を獲得することでトップ3入りも夢ではなくなるはずです。

アメブロランキング上位表示に関しては【最新版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説していますのでご覧ください。

 

まとめ

アメブロでジャンルを効果的に選ぶ2つの方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

効果的にアメブロのジャンルを選択することができれば、集客やPR、ブロガーとして活躍できる場所が増えていくことでしょう。

最初のジャンル選択が大切と言えます。