fbpx
【期間限定】春キャンペーン実施中 >>

アメブロ検索できない3つの理由と対策法

この記事ではアメブロ検索できない3つの理由と対策法について解説していきます。

アメブロで情報発信していく際に、自分のブログを見つけてもらうということはとても大切なことです。そのため、アメブロで検索しても自社のブログが出ない場合には早急に対処が必要となります。

ここではその原因と対処法をそれぞれ3つお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

検索できなければ多くのユーザーに見てもらえない

せっかくアメブロを書いていても、検索されなければ多くの人に見てもらうことはできません。

ただ自分のメモ書きとして、振り返り用などに記事を残しているのであれば別ですが、幅広いユーザーに記事を見てもらうために情報を発信しているのであれば、早急に対応が必要です。

 

なぜ検索をされないのか、そもそも検索した際に本当に自分の記事が表示されるのかなど、さまざまなことが気になることでしょう。検索できない理由ですが、原因はいくつかあります。

そして、その原因を正しく知って適切に対策を立てることで、自分のアメブロをより多くの人に見てもらいやすくなります。検索されるためのポイントを押さえて、疑問や悩みを解決することが大切です。

 

対策1:記事を1つ以上投稿する

アメブロで検索されるためには最低でも記事を1つ以上投稿する必要があります。アメブロに登録したばかりの人は、まず初めに自身のプロフィールページを整えるところから始めるでしょう。

アイコンを設定したり、トップページに表示されるプロフィール文を完成させたり、ブログ記事を投稿した際のテンプレートを選んだりと、初期に行うことはたくさんあります。

 

しかし、アメブロのプロフィールを充実させただけで満足して終えてしまうと、そのままでは誰にも見てもらえません。

少しでも多くの人に検索してもらうためには、そのための記事を投稿する必要があります。記事が多ければ多いほど検索される可能性が高まるため、少しずつ投稿していくことをおすすめします。

集客のためにアメブロで必ずやるべき4つの初期設定をご紹介

 

対策2:タイトルを記事の内容に沿った形にする

ブログのタイトルと実際の記事の内容が異なっていると、読者に興味を持ってもらえなくなります。

読者はタイトルを見てどのような記事が書かれているのか内容を想像します。それなのに、実際にクリックして表示された記事の内容がタイトルから連想するものを違っていた場合、読者は一気に興味をなくしてしまいます。

 

ページをすぐに閉じて、二度とアクセスしてもらえなくなる可能性もあるでしょう。逆に、タイトルと記事の内容があっていれば、読者はブログ記事を最後まで興味を持って読んでくれるかもしれません。

また、その内容に共感や興味を持ってもらえれば、別の記事も読み進めてくれる可能性があります。そうなれば、ブログのアクセス数が高まり、検索結果にも表示されやすくなります。

 

対策3:検索されたいワードを記事内に盛り込む

検索した際に表示されるのが下の方だと、当然ながら多くの人に見てもらうことは難しくなります。そこで上位に表示させるためには、検索されたいワードを出来るだけ多く記事の中に盛り込むことが大切です。

読者が特定のワードで検索をした際に、そのワードが多く使用されている記事を書いていると、「読者が求めている内容の記事である」とクローラーに判断されやすくなり、上位に表示されやすくなります。

 

逆に、読者が知りたいワードが盛り込まれていない記事を書いていると、当然ながら上位には表示されませんし、そもそも検索結果に含まれていないこともあります。

そうならないためにも、出来るだけ多く特定のワードを組み込むようにしましょう。

アメブロで「検索ワード」を分析する方法を徹底解説

 

まとめ

アメブロ検索できない3つの理由と対策法について解説してきましたが、いかがでしたか?

記事を1つ以上投稿することや検索してほしいワードを記事内に入れ込むことなどで対処することが可能です。通常のブログ運営をしている場合には検索できないということはありませんので、心配はいらないかと思います。

検索できない場合の原因と対処法について解説してきましたので、もしあなたのブログが検索できない場合にはチェックしてみてください。