fbpx
【2ヶ月無料】サマーキャンペーン開催中! >>

アメブロの予約投稿ができない時の対処法と設定方法

この記事ではアメブロの予約投稿ができない時の対処法と設定方法について解説していきます。

アメブロでは便利な機能として予約投稿が備わっていますが、ごく稀に投稿できない問題が発生します。そんな時に対処方法についてお伝えしていきます。また、予約投稿の設定方法も合わせて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アメブロアクセスupサービスの詳細を見る

 

予約投稿の設定方法

執筆した文章を予約し後から投稿した場合は、画面の下部に目を向けて投稿日時と表示されている文言を探し見つけ出す事ができたら選択しましょう。

選択肢をクリックすると設定に関する画面が現れるのですが、そこでカレンダーにおける日にちの中で反映させたい日を選びましょう。

 

次に日付を選び終えたらすぐ下にある時間を入力する項目に希望する時間を入れ、最後に緑色の決定というボタンを押します。

カレンダーの表示は現在の月日が表示されますが、次の月に公開を希望している事例などでは年月が示されている部分の横にある矢印を押せば次の月以降に移動する事ができます。そして、最終的には全員に対し公開をするボタンを押すのも忘れないようにしましょう。

 

予約投稿ができない時は下書き保存した後に実践

執筆したブログを完成直後から公開するのではなく、時間が経過してから公開したいと考えている時には予約投稿の機能を利用すると便利ですが、予約投稿ができない時があります。

そんな時には一度下書き保存したあとに再度実践して見ることをおすすめします。この方法を活用することで高い確率でエラーを解消することができます。

 

また、それでも解消できない場合にはキャッシュ・データの削除やログアウトを実施してみてください。アメブロのたいていの問題はこのあたりの方法で解決することができます。

予約投稿は便利な機能ですので、エラーになっても適切に大勝することですぐに使えるようになるでしょう。

 

投稿日時の変更も可能

書き記した文章を公開する日時を予約した上で反映させる機能の他には、後から公開済みの記事の日時を変える事もできますし投稿済みであっても予約時と同様に変更方法は容易です。

投稿済みの事例で変更をしたい時には編集と削除という画面を表示させてから、変更を希望している記事のタイトルと共に現れている編集というボタンを押します。

 

編集のボタンを押すと編集画面が表示されるのですが、下部に移動すると投稿が行われた日時が示されているので日時の部分を選択してカレンダーを表示させましょう。

カレンダーの中から日を選びつつ、時間も好みの時間を決めてから下にある決定と書かれている緑色のボタンを押すだけで新たなる日時の設定が行われます。

 

予約投稿しておくことで効率的に情報発信が可能

通常のブログの執筆においては、完成を目指して記している文章が完成次第広い範囲に向けて公開をすると思います。

しかし、完成した時間がインターネットを閲覧しているユーザーが少ない時間帯であったり、書かれている事柄に興味関心がある方が見てくれる機会がそう多くない時間は他の時間帯よりもアクセス数が少なくなる事もあります。

 

また、スケジュールに余裕がある時にまだ先のイベントについてブログを書いておきたいものの、公開してから間が空いていると目にしてくれた方の記憶に残らないという心配も感じてしまうものです。

そのような公開する時間帯や行われる日時までまだ余裕がある場合などは、予約投稿をしておけば特に大勢の人達に見てもらえる時間に公開できたり、記憶に残って予定に組み込んでもらいやすいタイミングに見てもらえます。

 

まとめ

アメブロの予約投稿ができない時の対処法と設定方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

アメブロの便利機能である予約投稿ができない場合には一度下書き保存した後に再度実践してみることをおすすめします。これを行うことで高確率でエラーを解消することができます。

また、予約投稿方法は簡単なものですので、効率的な情報発信のためにも活用して見ることをおすすめします。