fbpx
【10月キャンペーン開催中!】詳細はこちらへ >>

アメブロのバナーデザインを作る方法【3ステップ】

この記事ではアメブロのバナーデザインを作る方法【3ステップ】についてお伝えしていきます。

アメブロでバナーを設置することによって他のサイトへの誘導やメルマガ・公式ライン等の自社メディアへの登録率を向上させることが可能です。通常のテキストリンクよりクリック率も高くなりますので、ぜひ作成し設置してみることをおすすめします。

 

 

1ステップ:バナーへ入れる素材やロゴを考える

アメブロでバナーを作成しようと思った時にまず最初にやるべきことはバナーへ入れる素材やロゴ等を考えることです。

自社サービスの写真素材やロゴがある場合にはそれらを入れることによって、クリック後のサイトとのギャップをなくすことができますので、コンバージョンの向上に繋がります。

 

なお現在、フリー素材も多く出回っていますのでそれらを活用してみるのも良いでしょう。ただし、無料でダウンロードする時には注意する点は、商業利用を無料で行って良いかということです。

有料の素材を使う場合にはダウンロードの際に支払い画面がでますので、それ以外の場合にはたいていフリー素材となるようです。

 

2ステップ:キャッチフレーズなどテキストを入力

素材やロゴの他に大切になってくるのがキャッチフレーズです。自社サービスで使っているキャッチフレージや商品名等があれば、それをバナーへ入れることによってクリック率やコンバージョンを向上させることが可能です。

クリック後のサイトとバナーのキャッチフレーズにあまりにも差ががある場合にはその後のコンバージョンが悪くなりますので、できる限りサイトで使っているようなテキストやキャッチフレーズを使うことをおすすめします。

 

バナーへテキストを入れる方法

ページのイメージやリンクバナーを作るには、画像加工ソフトが必要になります。加工ソフトは大きく分けると二種類ありますが、ビットマップを扱うソフトよりもピクセルを扱うソフトの方が、ネット上での作業は向いていると言われております。

簡単に説明するとピクセルは多くの色を使った写真などが該当し、ビットマップはべた塗りの色数の少ない画像になるのです。

 

ピクセル用のソフトウェアを用意して、集めた画像を組み合わせてその上に文字レイヤーを配置し、キャッチフレーズと組み合わせればバナーやイメージが製作出来ます。

アメブロの場合は横と縦のサイズが指定されているため、そのサイズの範囲内で画像を作ることが必要な作業です。

 

3ステップ:バナーサイズを決める

バナーサイズは大中小と分かれるので、普段からネットを見る時に大きさを確認しておくことが重要です。

画面の横いっぱいに広がったバナーは、大まかにではありますが800ピクセルから1000ピクセル程の大きさと言われております。中間はその半分の300ピクセルから400ピクセル程度と言われているのです。

アメブロの場合には適切なサイズが存在しますので、詳細はアメブロの最適なヘッダーサイズを徹底検証をご覧ください。

 

ページ全体幅や選んだレイアウトによって挿入位置は異なりますので、文章とデザインに合わせたサイズ感を選んで配置するのがベストな選択になります。目立てばよいと言う考えで大きいサイズばかり選ぶと、単調で肝心の文章が目立たぬようになってしまうために避けるべきです。

デザインと文章のバランスを考え、普段からネットを見る時には研究して真似するのが上達の近道になります。

 

外注サイトへ依頼すると質の高いバナーの作成が可能

ネットでデザインをする人のことをウェブデザイナーと言います。画像の作成からページの構成であるhtmlやcssなどを使い、時にはサーバーサイドのプログラムやスクリプトの実装なども行うのです。

ネットに関する仕事をメインで行っており、トップ画像のデザインやバナーなどを請け負っている人もいます。

 

プロはノウハウと技術を持っており、専用ソフトを使うためにレベルの高い製作物を作ることが出来るのです。こだわりたい部分などには、外注依頼することも長い目で見ると集客効果に繋がります。

普段の更新などは自分で行い、ロゴやサイトのイメージなどを外注すれば、デザインを小さくしたイメージ画像はバナーなどにも転用が出来るのです。

 

まとめ

アメブロのバナーデザインを作る方法【3ステップ】をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

アメブロのバナー作成は簡単にできますし、外注サイトへ依頼することによって質の高いバナーを作成してもらうことが可能です。バナーデザインはクリック率の直結しますので、できる限り専門家への依頼がおすすめです。