fbpx
【最大77,700円還元】年末キャンペーン開催中! >>

【アメブロカスタマイズ】サイドバーのプロフィールを編集する方法

この記事ではアメブロカスタマイズとしてサイドバーのプロフィールを編集する方法をご紹介していきます。

アメブロで自社商品を販売している場合にはプロフィールを表示しておくことで信頼性が高いブログを構築することができます。ここでは具体的なプロフィール編集方法や信頼性が高まる記載方法などを合わせて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

プロフィールの編集方法

アメブロではサイドバーにプロフィールを表示させることができます。この部分を編集する場合、プロフィール編集ページを開いて操作する必要があります。

プロフィール設定方法は簡単で、管理画面の右上のメニューよりプロフィール編集画面を開き、以下の項目を編集することができます。

【プロフィールで設定できる内容(6項目)】

  1. 名前
  2. アイコン
  3. 自己紹介文
  4. カバー画像
  5. その他
  6. SNS

 

アメブロのプロフィールを設定しておくことで、信頼感のあるブログを作ることができます。特に自社商品を販売している場合、「誰が発信しているか」という部分が重要になりますので設定は必須です。

経歴や実績、商品の販売数などを記載しておくことで、信頼性が高まるブログを構築することができるでしょう。

 

プロフィールの不要な項目を削除する方法

サイドバーのプロフィール欄には登録した内容が反映されますが、項目数を減らしてシンプルにすることも可能です。

自己紹介欄の生年月日、性別、血液型、出身地、居住地、未既婚、職業が記載されていますが、これらを非公開にすることも可能です。

 

上記は設定した後に非公開化することもできますので、もし表示したくない場合には非公開にしておくと良いでしょう。

また、SNSや自己紹介等についても表示させたくない場合には記載しないことができますが、可能な限り文章は書いておくことが推奨されます。

 

プロフィールの画像を大きくする方法

【プロフィール画像を大きする方法】

  1. アメブロへログイン
  2. デザインをCSS編集可能なものに変更
  3. 下記のコードをコピー
  4. CSS編集画面の一番したに貼り付ける
  5. 保存ボタンをクリック
  6. 完了

 

.skin-profileAvatar img {
display: none;
}
.skin-profileAvatar a {
display: block;
margin: auto;
max-width: 100%;
box-sizing: border-box;
border: 1px dotted #dddddd;
background: no-repeat center transparent;
background-size: contain;
background-image: url(【プロフィール画像URL】);
width: 250px;
height: 250px;
}

 

アメブロのプロフィール画像に顔写真や制作物を載せる時にある程度の大きさを表示したい方は上記のようにプロフィール画像の大きさを編集してみることをおすすめします。

初期状態は120ピクセルとなっているため、ここの数値を変更するか上記のように新しいコードを追記するかで対応することが可能です。

 

プロフィール画像を丸型に変える方法

画像を大きくするときに四角型から丸型に変える場合、下記のコードを追記すれば丸型のプロフィール画像になります。

skin-profileAvatar a {
border-radius: 50%;
}

 

信頼されるブログはプロフィール設定が必須

信頼されるブログにしたい場合にはプロフィールの設定は必要不可欠だと言えます。読者の立場になって考えると、書き手のことが分からなければ共感したり信頼したりすることは難しい状況です。

経歴や実績などがあってこそ信頼の高いブログを構築することができますし、その部分に共感を得られる可能性もあります。

 

特にビジネスブログとしてアメブロを運営している場合にはプロフィール設定をしておくことで、効率的に販売できる手段となり得ます。

「この書き手だから購入する」という状況になれば、多くの商品を販売していくことができるでしょう。もちろん、商品の質も高くしておく必要があります。

 

まとめ

アメブロカスタマイズとしてサイドバーのプロフィールを編集する方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

自社商品を販売している場合にはプロフィール設定は必須項目です。ブログ発信者の情報を記載しておくことで信頼のおけるブログを構築することが可能ですので、購買率やコンバージョンを高めることができるでしょう。