アメブロ集客とドメインの関連性を徹底分析

アメブロ集客でドメインは関係あるのか分析していきたいと思います。

今回分析するのはブログとドメインの関係やアメブロ集客にドメインがどの程度関わっているかなどです。

アメブロ集客が上手くいっていない方やこれから検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アクセスupサービスの詳細を見る

 

ブログ集客とは?

ブログ集客と言っても大きく分けて2種類あります。

それがワードプレスなどを利用した独自ブログによる集客と、無料ブログサービスを利用したブログ集客です。

無料ブログとはアメブロやラインブログ、楽天ブログなどそのサービスの種類は多く存在しています。ここではアメブロを主に挙げていきたいと思います。

【2019年版】初心者でもできるアメブロ集客のメソッド

 

独自ブログ集客とは?

独自ブログ集客はGoogleやYahoo!の検索エンジンから集客を行うことを指します。

例えば、ダイエットをしようと思った人がGoogle検索で、「ダイエット 簡単」「ダイエット 自宅」「ダイエット サプリ」「ダイエット ジム」などと検索して検索上位に上がったサイトを見ます。

 

この検索上位に入れるかということが独自ブログの集客には大切になるのです。

集客するための施策としてSEOと言われるものがあります。これはユーザーに合ったコンテンツを投稿するために用いられる手法です。なお、サイトの検索順位に関してはGoogleが独自のアルゴリズムにて判定をしています。

 

SEO対策をしてブログを成長させ、そこから集客するのには少なくとも半年、またはそれ以上の年数がかかってしまう場合があります。

これが独自ブログ集客の最大のデメリットでもあるのです。

 

アメブロ集客とは?

独自ブログの集客とは違いSEOという概念がありません。

アメブロはどちらかと言えば、SNS寄りのブログサービスです。

アメブロから集客するために大切なのはSEO対策ではなく、各ジャンルのランキング上位に表示させることです。

 

一見すると、SEO対策が必要なのかという風に見えますが、ランキングの上位表示にはSEO対策等は必要ありません。

それはアメブロのランキングの仕組みを理解すれば解決することでしょう。

詳しくランキングの仕組みについて知りたいという方は関連記事をご覧ください。

アメブロランキングの仕組みを徹底解説

 

集客とドメインの関係性とは?

集客とドメインの関係は深い関係があります。

一説によると、Googleのアルゴリズムは「より古いドメインは信用がある」というものがあるからです。

その理由として挙げられるのは「何年も運営しているので十分なコンテンツがある」ということです。

そのため中古ドメインを販売するサイトもいくつも登場し、サイト作成初期に中古ドメインを購入し運営を始めるといった手法も散見されます。

 

アメブロとドメインの根底にあるのはこの部分だと思います。

つまり、ドメインが強ければ検索上位に上がり、ドメインが弱ければ検索順位が下がるということです。

言い換えれば、何年も前から運営していれば検索上位に上がり、今から始めるサイトは不利になると言うことになります。

 

アメブロとドメインの関係性

「アメブロ集客 ドメイン」と調べると、

  • アメブロはドメインが弱い
  • Google検索上位に表示されない
  • SEO対策が難しい

というサイトが多く見受けられます。

 

その理由として挙げられているのは「アメブロのドメイン」に全てのブログが紐付けされ、サブディレクトリという状態になります。

つまりメインドメインの評価が直結するという解釈となります。

(さらに深く知りたいという方はルートドメイン、サブドメイン、サブディレクトリなどと検索してみてください)

 

アメブロ集客とドメインは関係ない

集客とドメインの関係性、アメブロとドメインの関係性をお伝えしてきましたが、結論としてはアメブロ集客とドメインの関係性はないということになります。

その最大の理由として挙げられるのは集客法の違いであり、集客施策の違いです。

 

ドメインの強弱が関係あるのはあくまで独自ドメインを取り、自社のサーバーで運用しているいわゆる独自ブログの運営者です。

一方、アメブロの集客はGoogleの検索エンジンからではありません。アメブロ内のユーザーをターゲットとしています。

また、ドメインの強弱というのは一昔前のGoogleアルゴリズムであり、現在のGoogleはコンテンツの評価です。いかにユーザーにわかりやすいコンテンツを投下しているかということになります。

【保存版】アメブロ集客をするための具体的な7ステップ

 

まとめ

アメブロ集客で成功している人の多くは集客施策を深く理解しています。

つまり、各プラットフォームにて適切な施策を行い、潜在顧客をどんどん獲得しているのです。

今回お伝えしたアメブロ集客とドメインの関係性についても集客プラットフォームを理解し、適切な施策を検討すれば必ず上手くいくことでしょう。