fbpx
累計17,000ブログが利用!お申し込みはこちらへ >>

アメブロとワードプレスの特徴や集客方法の違いを徹底解説

この記事ではアメブロとワードプレスの特徴や集客方法の違いを徹底解説していきます。

アメブロとワードプレスのそれぞれの特徴や集客方法の違いについて詳しく解説していきます。また、集客できる確率が高いプラットフォームを客観的に解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

 

 

アメブロの特徴

アメブロは無料ブログの代表などといわれることがあるなどからも、ブログを始めようとする人々からの注目が集まっています。

さらに、ドメインやサーバーなどのことを知らなくても気軽に運営ができるのもアメブロの特徴の一つです。

 

その理由の中には、アメブロはドメインの取得やサーバーのレンタルなど不要になっており、無料で開設可能することができます。

ドメインは「ameba.jp」でサーバーはアメブロ側が用意しているものを利用する点において知識がない人でも簡単に作れるメリットがあります。

 

また、フォローやいいねなどのSNSのような機能も実装されていますので、集客をしていくにあたり多くの機能を活用することもできます。

加えて、アメブロランキングはジャンルごとに参加することができますので、自分自身が発信したい内容に合ったところで情報発信が可能です。このような点においてもメリットがあるでしょう。

 

ワードプレスの特徴

ワードプレスはブログで稼ぎたい、集客して商品を紹介したい、ビジネスに活用したいなどの人々からの注目を集めています。

ワードプレスはドメイン料金やサーバーの利用料などが必要になるのが特徴です。オープンソースのプログラムソフトを活用している点においてはアメブロと同じで、ブログソフトそのものは無料で使えるようになっています。

 

ワードプレスで集客を行う場合には有料テーマやプラグインが必要となり、上記のサーバーとドメインに加えてコストがかかる傾向にあります。

また、様々なカスタマイズは高度な知識やスキルが必要となりますので、初心者には不向きと言えます。

 

集客方法の違い

アメブロとワードプレスの集客方法は若干異なりますので、以下をご覧ください。

 

  • アメブロの場合
    アメブロの集客は基本的にアメブロランキングから行います。ジャンルごとに分けられたランキングの上位表示を取ることによって、多くのユーザーが自分のブログを訪問してくれるようになります。
  • ワードプレスの場合
    ワードプレスの集客は基本的にGoogle検索エンジンからの集客となります。SEO対策を行い、検索エンジンでの上位表示を取ることになります。

 

ワードプレスを活用したGoogleエンジンからの集客は高度な知識とスキルが必要です。キーワードを設定したり、内部対策や外部対策、その他多くのカスタマイズの実装が必要です。

また、Googleからの評価は1年以上先になる場合もあり、サイトによっては数年かけて上位表示を目指すといったこともあります。

したがって、効率的に集客していくためにはアメブロを活用した方が得策だと言えます。

 

アメブロの方が集客できる確率が高い

ワードプレスは検索エンジン最適化を行い続けることで検索エンジンからの流入率が高くなる可能性はあるけれども、その手法についての知識やノウハウなどが必要不可欠です。

ブログ初心者の場合はもちろん、パソコンのことをあまり熟知していない人などはワードプレスでは難しいと感じるケースは多いといえましょう。

 

アメブロでの集客は、他のユーザーが自らのブログに興味を抱きリピートする、そのユーザーが他の人々に宣伝することで流入率も高くなります。

また、アメブロは2019年8月時点での利用者数は6,500万人といわれているなどからも、ブログサービス内でのアクセス効果を期待することができるメリットを持ちます。そのため、検索エンジン最適化などの知識がない人でもアメブロの方が集客できる可能性が高めになるわけです。

 

まとめ

アメブロとワードプレスの特徴や集客方法の違いを徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

アメブロの集客法はアメブロランキングからの行いますが、ワードプレスの場合にはGoogle検索経由から集客をする必要があります。

Google検索のランキング上位表示は非常に高度な知識やスキルが必要となりますので、アメブロの方が容易に集客を行うことができるでしょう。