fbpx
【10月キャンペーン開催中!】詳細はこちらへ >>

アメーバIDとは?決め方や注意点を徹底解説

この記事ではアメーバIDとは?決め方や注意点を徹底解説していきます。

アメーバIDはアメブロやその他サービスを使う際に利用するものです。アメブロの場合にはブログのURLの一部となりますので、IDを決める際には自社商品などに関連したものを付けると最適です。

その他、アメーバIDを決める際の注意点などを詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アメーバIDとは?

Amebaサービスを利用するには各ユーザーを区別する目的でIDを取得する必要があります。

アメーバIDはAmabeへログインする時にパスワードと共に入力したり、アメブロを利用した際にはURLの一部となります。

 

なお、ログインする場合には他のSNSアカウントをでも可能です。ただし、注意点としては他のサービスの情報を用いてログインした場合にはアメブロを利用することができません。

アメブロを利用する場合にはアメーバIDを取得する必要があります。アメーバIDを取得する際にはメールアドレスにて会員登録し必要情報を入力をした上で登録完了となります。

 

ブログURLの一部になる

アメブロにログインする時にパスワードと一緒に使用するIDは、各ユーザーを識別する目的で使用するのと共に、他のブログとの識別をする目的でも活用されます。

アメブロURLは共通してサービス名が先頭部分にありますが、サービス名に続く文言は個々が定めたIDになります。具体的には下記のようになります。

 

【アメブロURLの仕組み】

  • https://ameblo.jp/○○○
    (○○○にはアメーバIDが入ります)

 

同じくプロフィールの情報が掲載されているページに関しても各ユーザーと共通している文字列の後は、個々が定めた独自のIDによる文字列になる仕組みです。

このようにURLの中に自らが定めた文字列が含まれるので、ブランド力などを意識したりわかりやすい内容にするといった工夫をするのも良いでしょう。

 

IDの決め方:サービス名やお店の名前など

アメブロIDの決め方としては、お店の経営やサービスの展開を目的にしているのなら、それに関連するお店やサービスに文字列にすると良いでしょう。

任意で決めるIDの部分をお店の名称やサービス名にしておくとピンポイント的にページにアクセスしてもらいやすくなりますし、読者から見て分かりやすいブログとなります。

 

また、個人でアメブロで情報発信している場合には個人名やブロガー名などを入れると良いでしょう。

いずれの場合でも、アメーバIDは関係のあるものを設定することをおすすめします。任意で決めることができる点では自由ですが、情報発信の内容にあったものをブログURLとして活用することがマーケティング施策としては有効となります。

 

注意点:一度決めたアメーバIDは変更できない

アメーバIDは会員登録時に決めるものですが、後から変更することができません。もし、別のアメーバIDを取得したい場合には再登録する必要があります。

自社商品が複数ある場合やブログを分けたい場合には複数IDを取得し、それぞれでブログを運営していく方法もあります。

 

アメブロの場合には複数ブログの運営は認められており、1人で何個も開設することが可能です。注意点としては、同じメールアドレスを利用できないということです。

また、過去に取得されたIDは取得ができない仕様となっています。そのIDがすでに退会済みであっても選択できないようになっていますので注意が必要です。

 

まとめ

アメーバIDとは?決め方や注意点を徹底解説してきましたが、いかがでしたか?

アメーバIDはアメブロなどを利用する際に必須のものとなっています。アメブロの場合位はURLの一部となりますので、商品名や店舗名などを入れると分かりやすくなります。

また、注意点としては最初に決めたIDは変更できないという点です。そのため、しっかりと考えた上で決めることをおすすめします。