fbpx
【10月キャンペーン開催中!】詳細はこちらへ >>

アフィリエイトの種類を徹底解説【全3つ】

この記事ではアフィリエイトの種類を徹底解説【全3つ】をご紹介していきます。

アフィリエイトには収益の獲得方法から3つの部類することが可能です。具体的にはクリック課金型と成果報酬型、インプレッション課金型となります。それぞれの特徴や仕組み、稼ぎやすい種類をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

クリック課金型とは?

1つ目にクリック課金型アフィリエイトです。クリック課金型の仕組みは、ユーザーが特定の広告をクリックした段階でブログ運営者に対して報酬が発生する仕組みです。代表的なのはGoogleアドセンスです。

1度あたりのクリックで得られる単価は定められていて、クリックしてくれた回数によって報酬を受取る事ができます。クリックされる回数が多くなるにつれて報酬が多くなるというわけです。

 

クリック課金型の広告単価は表示される広告によって異なり、これはブログの内容によって変わってきます。

例えば、金融系ブログを書いている場合にはクレジットカード会社や証券会社等の広告が表示さます。金融系の広告単価は高い傾向にあります。

一方でファッション系のブログを書いている場合には、ファッションブランドやECサイト等の広告が表示されます。一般的には広告単価は低い傾向にあります。

 

成果報酬型とは?

2つ目に成果報酬型アフィリエイトです。ユーザーが特定の広告をクリックし移動したページにて商品の購入もしくはサービスの利用をした時に報酬が発生するのが成果報酬型です。

このアフィリエイトは多くの商品で取り入れられており、代表的なものとなっています。アメブロのAmebaPickも成果報酬型を採用しています。また、一般的なブログに加えて、SNSでもこの方法のアフィリエイトが増えてきています。

 

成果報酬型の収益は高いものから低いものがあり、様々な報酬体系となっています。金融系のクレジットカードの発行や証券会社の口座開設といったものは高額になる一方で、楽天やAmazonといったECサイト系の商品は低い傾向にあります。

また、1つの成果に対して金額が決まっている定額報酬と売れた商品に対しての一定割合といった定率報酬の2種類があります。それぞれの特徴を踏まえた上で実践すると良いでしょう。

 

インプレッション課金型とは?

3つ目にインプレッション課金型です。ユーザーがアクセスをしたブログで、特定の広告が現れた回数によって報酬が得られるのがインプレッション課金型です。

ポータルサイトや検索エンジンなどの突出してアクセス数が多いサイトにて導入される事例が多いです。この報酬体系はとても珍しいため、一般的には出回っていないものとなっています。

 

アクセス数が多いサイトなどに掲載される事で非常に多くのユーザーに見てもらえるようになるため、商品購入や商品の知名度向上、ブランド力を高めるといったアプローチにも活用可能です。

また、掲載するのがアクセス数が多いサイトであるのと共に、広告主についても大手の企業などがテレビコマーシャルなどと並行して行う事例が珍しくありません。

 

成果報酬型が稼ぎやすい

ブログやウェブサイトに広告を掲載して報酬を得る方法には様々なタイプがありますが、初心者から上級者まで稼ぎやすいものは成果報酬型アフィリエイトです。

紹介する商品の記事を様々な角度から書くことによって、ユーザーに興味を持ってもらい購入してくれるよう誘導することが可能です。

 

また、特定のジャンルに絞ることによって専門的なブログを作り商品を紹介することが可能です。クリック課金型の場合にはアクセス数を稼ぐために、ユーザーが興味がありそうな様々なジャンルを扱う必要があり、労力も時間もかかる傾向にあります。

そのため、堅実に収益を積み上げていきたい場合には成果報酬型のアフィリエイトに取り組んでみることをおすすめします。

 

まとめ

アフィリエイトの種類を徹底解説【全3つ】をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それぞれのアフィリエイトには収益を獲得する手順が異なりますので、自分に合ったものを洗濯して実践していくことがおすすめです。なお、アメブロの場合には成果報酬型のみAmebaPickで提供しています。