fbpx
累計17,000ブログが利用!お申し込みはこちらへ >>

アメブロで「404エラー」になった場合の原因と対処法

この記事ではアメブロで「404エラー」になった場合の原因と対処法についてご紹介していきます。

アメブロの404エラーというのは存在しないページへアクセスした時に表示されるものです。主な原因としては、アメブロ側に障害が発生している場合やブログ発信者側が記事を削除した可能があります。その他、対処法についても詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

404エラーとは「存在しないページ」のこと

アメブロを開設している管理者と、ブログを閲覧する訪問者の間でページが表示されないといったトラブルが発生することは少なくありません。

こういった場合ページ上には「予期せぬエラーが発生しました。」と表示されたり、404エラーが表示されることがあります。

 

この404エラーとは、クライアントがサーバに接続できたものの、クライアントの要求に該当するウェブページをサーバが見つけられなかった場合に表示されます。そのためこういったエラーが出ているという状態は、現在開いているページは「存在しないページ」であることをエラーで知ることが出来ます。

しかしこういったトラブルが起こると、アプリ内で一切表示されなくなったりアメブロの利用に支障が出てしまうことになるため、トラブルが発生する原因をきちんと理解して適切に対処することが求められます。

 

原因:アメブロ側の障害

アメブロ上で404エラーが発生する原因の一つに、「アメブロ側の障害」が考えられます。

これはアメブロ運営を行っているアメーバのサーバーでシステム障害が発生し、サイトにアクセスが出来なくなっている状態で、この場合はユーザー側で対処する方法はないのでシステム復旧がされるまで待機する必要があります。

 

もし主要サービスの障害が原因ならば、ダウンディテクターを利用すれば、アメーバの障害発生状況を把握出来るので活用しましょう。

他に考えられる原因には通信環境が不安定になっていることが考えられます。通信環境が不安定になる要因は様々ですが、接続したタイミングで偶然にも接続しにくい状況に陥ってしまうことがあるので、個別に対処法を試すことで問題を解消できる可能性が高いです。

 

原因:ブログ発信者側が削除した可能性

訪問先のアメブロで「ご指定のページが表示出来ません。」と表示された場合には、原因として考えられるのはサーバーエラーだったり、通信の不安定さが考えられますが、他にもブログ発信者側でブログ記事を削除した可能性が考えられます。

管理者自身でブログを削除したのか確認する方法としては、アメーバ公式サイトや他のブログ記事は問題なくアクセスできるか確認してみて、もし問題なく閲覧することが出来る状態であればその可能性が高いと判断出来ます。

 

一度管理者側で削除されてしまったブログ記事は、データが保存されていないため再度見ることが出来ないので注意しましょう。このようにページが表示されないトラブルには、様々な原因が元になっているため一つずつ確認をすることが大切です。

また、アメブロのURLを直接入力して検索した場合に、IDが間違っていると404エラーの表示がでます。

 

対処法:ブラウザの変更やキャッシュ削除

アメブロ自体に接続出来ない場合の対処法として、まず行ってみる方法がブラウザ版でアクセスを試みてみる方法です。

アメブロはアプリで閲覧する以外にも、ブラウザ版で閲覧をすることも可能なので、スマートフォンのアプリを一度閉じてブラウザアプリを起動し、アメブロに再度アクセスしてみましょう。

 

反対に普段ブラウザ版を使用しているならば、アプリ版でアクセスするなどブラウザを変更してみて見ることが出来るか確認することが大切です。この方法でもページが表示されないなら、接続障害が発生している可能性が高くなります。

またブラウザアプリは、サイト訪問時にキャッシュデータが蓄積するためこれらがデバイスやアプリの動作に影響を与える可能性が高いです。サイトに接続しにくい場合には、一度キャッシュデータを削除することで改善する場合も多いので、一度試してみることをおすすめします。

 

まとめ

アメブロで「404エラー」になった場合の原因と対処法をご紹介していきましたが、いかがでしたか?

アメブロの404エラーは存在しないページへアクセスした時なのでブログ発信者側が記事削除している場合などに表示されます。また、ブログIDが間違っている時にも表示されます。その他、アメブロ側の障害情報や対処法なども合わせて確認してみることをおすすめします。