fbpx
【10月キャンペーン開催中!】詳細はこちらへ >>

アメブロでTwitterの連携ができない原因と対処法

この記事ではアメブロでTwitterの連携ができない原因と対処法について解説していきます。

アメブロとTwitterを連携すると様々なメリットがありますが、連携できない不具合が出る場合もあります。その時の原因と対処法について具体的にお伝えしていきますので、ぜひ参考にして見てください。

それではさっそく解説していきます。

 

 

連携できない場合には障害が発生している可能性

アメブロで投稿した記事はTwitterと連携することができます。ただし、本来であればできるTwitterと連携できない不具合が発生する場合が時々ある点には注意が必要です。

なお、その原因はアメブロ側の障害である場合が多いです。そのため、そのような事態に見舞われたときにはすぐにシェアするのは諦めて、障害が解決してからのシェアを行うのが良いでしょう。

 

シェアできないことに焦って何度も記事の投稿を繰り返しても時間を浪費するばかりです。

連携できない事態に見舞われたときには、まずはアメブロのTwitter連携などの機能に障害が発生していないかの確認を行いましょう。障害が確認されたら、しばらく待機するのがおすすめです。

 

ブラウザやアプリのキャッシュを削除してみる

万が一アメブロの記事をTwitterと連携ができない状況に陥っているにも関わらず、特に障害の発生が確認できなかった場合一度ブラウザやアプリのキャッシュを削除してみてください。

なお、このキャッシュというのは、よく使うデータを端末がより早く読み込めるようにするために備わっている機能です。

 

具体的な内容としては、一時的なデータや履歴を蓄積したようなものから構成されています。

そして、その存在によブラウザアプリで以前開いたことがあるページなどを速やかな表示を実現してくれている重要な機能です。

 

ただし、定期的に削除しないとキャッシュはただただ増え続け、最終的に他の動作に影響をおよぼすほどのゴミとなる可能性がある点には注意が必要です。

その不具合の一例としてはアメブロでTwitter連携ができなくなることもあるので、長く削除していない場合まずはキャッシュを消してみましょう。

 

アメブロ記事をTwitterへシェアする方法

Twitterとの連携のいち例として、アメブロで投稿した記事はそのままTwitterにシェアすることができます。

基本的にその操作は簡単で、アプリから投稿する場合は投稿完了画面に表示される「シェアする」をタップしてTwitterを選択してください。また、アプリではなくパソコンを使って記事を投稿している場合についてもその連携のためにすべき操作は簡単です。

 

具体的な方法としては、パソコンから記事投稿を完了した際に画面に表示されるTwitterアイコンをクリックし、シェアを選択すれば完了です。

このように簡単操作でTwitterへ記事をシェアすることができるので、積極的に活用してより多くの人と記事を共有していきましょう

 

ブログ記事内へツイートを埋め込む方法

ブロク記事内にツイートを埋め込むのも簡単に行なえます。

2つの方法があり、まず1つ目としてはTwitterアカウント連携をあらかじめ行っておくことで、記事本文入力時に自身のアカウントを使ったツイートの埋め込みを簡単に行える、というものがあります。

 

なお、自分以外のツイートを埋め込むときにはそのツイータに対して予め「いいね」をしておくことで、いいねしたツイートを選択して埋め込める仕様になっています。

また、もうひとつの埋め込み方法は、URLを直接入力する、というものです。直接URLを入力することで、気になったツイートを簡単にカード化表示で投稿することができます。上手に活用してより魅力的な記事を投稿していきましょう。

 

まとめ

アメブロでTwitterの連携ができない原因と対処法について解説してきましたが、いかがでしたか?

アメブロで障害が発生していたり、キャッシュが溜まっていて正常に表示できない原因が考えられます。また、表示できない場合にはシェアする方法と埋め込む方法をそれぞれ試してみることによって、いずれかの方法で表示することもできるかもしれません。ぜひ試して見てください。