fbpx
【最大77,700円還元】年末キャンペーン開催中! >>

【初心者必見】アメブロ記事にTwitterを埋め込む方法

この記事では初心者向けとしてアメブロ記事にTwitterを埋め込む方法について解説していきます。

アメブロ記事にTwitterを埋め込むことによって集客効率を向上させることができます。Twitterのタイムラインを埋め込む際の具体的な方法や注意点などを詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アメブロ記事にTwitterを埋め込む方法

アメブロでは自分のTwitterアカウントを連携することで、記事本文入力欄で連携したTwitterアカウントを介し投稿を埋め込むことが可能でしたが、連携の有無にかかわらずURLを入力するだけでカード形式の表示が行えるようになります。

Twitter記事の埋め込む方法はパソコンのブラウザまたはアプリでTwitterを開き、貼り付けたいツイートを表示したらURLをコピーしておきます。

 

次にアメブロの記事投稿画面を通常表示にして開いたら、記事の中でTwitter投稿を埋め込みたい場所をカーソルで合わせた状態にしておき、左上にあるリンクマークをクリックします。

続いて表示されたURL欄に先ほどコピーしたURLを貼り、「リンクを挿入する」をクリックすると記事投稿画面上にカード表示のボックスが現れますので、埋め込みが完了したことになります。

 

Twitterカードを中央寄せする方法

Twitterカードをアメブロ記事に埋め込む場合、デフォルトの状態では左寄せの状態になっていますが中央寄せに設定することも可能です。

ただし通常の中央寄せは使用することができないため、HTML表示に切り替える必要があります。

 

デフォルトで埋めこみをしたTwitterカードのコードのままでは、左寄せの状態のままです。そこで最初にあるdivタグ最後の「>」の前に、「style=”margin-right:auto;margin-left:auto;”」を貼り付ければ中央にTwitterカードを寄せることが可能です。

この時「style」の前に半角スペースを入れる必要があるので、忘れないように注意しましょう。

 

注意点:投稿前に確認することができない

アメブロ記事にはTwitterカードを埋め込むことができる機能がありますが、埋め込み時の注意点としては投稿前に確認することができないということです。

貼り付けたいツイートのURLをリンク挿入してから、投稿前にプレビュー画面で確認をするとTwitterのブログカード表示になっていないことが確認できます。

 

これはアメブロの仕様であり、パソコンのプレビュー画面上ではカード型に変化しないと把握しておきましょう。

記事を公開すれば読者が見るページでTwitterカードが表示されるので、確認してみましょう。ただしリンク挿入できているか不安なら、公開後のページで表示されているか確認をすることをおすすめします。

 

アメブロ記事とTwitterの連携で集客効果が向上する

アメブロ集客では、記事を書いた上でフォローやいい周りする従来のやり方だけでは効率の良い集客向上は難しいと言われています。

実際にアメブロでアクセスを伸ばせている人の特徴は、TwitterなどSNSとブログ記事を連携させて情報発信を積極的に行なうことやSNSとブログ記事の間を読者に行き来させることを意識して運営しています。

 

自分のブログの読者に対してTwitterアカウントへうまく誘導することができれば、Twitter上からも気づいてもらいフォロワーを増やしていくことができます。

Twitterにはリツイート機能があり、拡散力が高いことから記事経由でSNSのフォロワーになった人が、自分の投稿した記事を色々な人に拡散してくれる可能性が高くなります。

 

まとめ

初心者向けとしてアメブロ記事にTwitterを埋め込む方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

アメブロにTwitterのタイムラインを埋め込むことによって集客数を向上させることができます。また、記事を書く内容がない時にはTwitterタイムラインで代替えすることができますので、効率的に記事作成をしていくことができます。