fbpx
累計17,000ブログが利用!お申し込みはこちらへ >>

アメブロでリブログを勝手にやってもいいのか?徹底検証

この記事ではアメブロでリブログを勝手にやってもいいのか?徹底検証していきます。

アメブロのリブログとは、他の人のブログに書かれている内容を自分のブログ内に記載して紹介するということです。言い換えると、何か有益な情報が他人のブログに書かれている場合に引用する形となります。

このリブログは勝手にやっていいのかということについて徹底検証していきますので、ぜひ参考にして見てください。

 

 

リブログとは?

リプログというのは、関連記事であるという連携されたブログのことを指します。他の人のブログを読んでいて、共感できて広めたいということで紹介するという感じでリブログするのも良いでしょう。

逆に自分自身が発信した記事が、他の人に共感されたり、関連していて話に出したいという場合にはリブログされることがあります。

 

タグ付けと同じような感覚で、その記事自体がタグ付けされるという感覚で使用することになります。

アメブロでもこのシステムが導入されていますし、クリックひとつで簡単にリブログすることは可能です。ルールなど暗黙の了解的な部分がありますが、基本的には自由に行って良いものです。

 

結論:勝手にリブログしても良い

アメブロおけるリブログは、誰でも自由に行って良いという決まりが有ります。決まりと言うよりも、自由で良いという事を指します。

サイト内にクリック出来るボタンが有るので分かりますし、誰でも使えるということになっているので勝手ににリブログしても良いものです。

 

関連性のある記事であったり、自身のブログの集客の上昇にも繋がることも有りますし、どのブログをリブログするかでも変わってきます。

リブログするときには関連性のある記事を採用することが大切です。アクセス数を増やしたいからといって関係のないリブログは控えるようにしましょう。

 

リブログは読んでもらえている証拠

リブログを受けている事は自分自身のブログが他の人の役に立っているということになります。

一般的なブログは読んで終わりですが、リブログされるということは何らかの価値あるコンテンツがなければいけません。そのため、リブログされればされるほど、より価値あるブログになっていることになります。

 

リブログのやり方と注意点

リブログをするのであれば、アメブロのサイト内にボタンがありますのでそちらをクリックするだけです。とても簡単な流れですし、誰でもすることが出来ます。

もしリブログされたくないということであれば、設定をしておけばリブログ出来ないようにすることも可能です。

 

基本的にリブログは自由に行って良いことになっていますし、ルールというのも暗黙の了解です。

どういった暗黙の了解があるかというと、リブログされた時にわざわざ個人的位にお礼を言うというのもあまりないということです。自分のブログのアクセス数が急上昇したといった時でさえも暗黙の了解として活用可能です。

 

まとめ

アメブロでリブログを勝手にやってもいいのか?徹底検証してきましたが、いかがでしたか。

結論としてはリブログはブログ発信者側の許可を取る必要がありません。有益な記事を見つけた場合にはぜひ活用してみることをおすすめします。

しかし、注意点としてはリブログしたことがわかるように参照元を書いておくと良いでしょう。