集客とマーケティングの決定的な違いをわかりやすく解説

この記事では集客とマーケティングの決定的な違いをわかりやすく解説をしていきます。

集客とマーケティングの違いを理解することができれば、どのようみ見込み客を集めることができるかを根底から理解することができます。

この2つは一見すると同じように見えますが、全く違いますのでその辺りを意識して理解することがおすすめです。

 

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる

日本No.1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「アメブロアクセスupサービス」です。このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。

✔︎アクセスupサービスの詳細を見る

集客とマーケティングの目的とは?

商品を販売する際に計画的に戦略を打ち出すことは非常に重要ですが、そのために行われる手法として集客とマーケティングがあります。

これらは一見同じような内容を示すような言葉として利用されることも多いのですが実際には大きな違いがあり、これらを混同すると効果的な戦略を打ち出すことができないものです。

 

どちらも最終的に効率よく商品を販売することが大きな目的となっていますがそのアプローチの方法は異なり、その違いを明確に理解して使い分けることが効率的な商品の販売へとつながります。

最終的な目的は商品を販売することですが、集客とマーケティングは全く異なるものなのです。

参考:アメブロの読者を増やす3つのポイント

 

集客とは?

集客とは顧客を集める事ですが、その方法にはいくつかの段階があります。商品を購入してくれそうな顧客に対して広告宣伝を行ったり、セミナーやイベントを開催してその興味を引き上げる方法が第一段階であり、その中で様々な手法を用いて顧客を集めることが大きな目的です。

具体的な方法については顧客の興味の段階によってそれぞれ異なることが求められます。

 

初めから興味を示してくれる顧客についてはさらに商品の良さをアピールするような戦略を行うことが効果的ですが、あまり興味を示していない顧客に対しては商品の価値を正確に伝えることが重要となります。

集客を効率的に行うためには顧客の興味の段階を見極めそれに対応した方法をとることが重要です。

 

マーケティングとは?

商品を販売する際にはその商品がどのぐらい売れるのかといった見込みをしっかりと立てなければなりませんが、そのために市場や顧客の状況を正確に確認することが必要です。

この情報を集めるために行われるのがマーケティングとなっており、顧客の興味を純粋に調べることがその基本となります。

 

一般的に商品を開発する際にはできるだけ多くの顧客に受け入れられるような機能や性能を盛り込むことが必要ですが、これは具体的なデータに裏付けられたものでなければなりません。

そのため前提条件を明確に定め、これに従って具体的な調査を行い商品の価値を確認するために行われるのがマーケティングとなっています。

参考:アメブロで圧倒的に集客できる究極のコツ

 

まとめ

集客とマーケティングは商品を効率的に販売すると言う点では非常に似ていると考えられる面があるものですが、その手法や適用の段階は大きく異なるものです。

マーケティングは商品の価値を市場に照らして冷静に分析し、商品の改善や改良に反映させることが目的となります。

 

集客は商品をどのようにしたらより多く得ることができるかと言う視点に立ち、顧客に対してその良さをアピールするとともに顧客の興味をより惹きつける手法をとることが多くなっており、アプローチの方法が全く違うのがポイントです。

集客とマーケティングを上手に使い分けることで売れる商品を開発することができるほか、商品の価値をより多くの顧客にアピールすることができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です